topimage

2016-03

散歩② - 2016.03.31 Thu

お休み二日目の昨日は父とお出かけ。



まずやってきたのがこちら。

寅さん好きな父が行ってみたいと言うのでやってきた。



第一作から第四作まで使われていたという「とらや」




帝釈天。



来てるのはほとんどお年寄り。
寅さん世代やからそうなるよね。



柴又駅前はこんなカンジ。



角度にこだわって寅さん像を撮影する父。

いい具合に撮れたのかしら。



では浅草へ・・・・
と、行ってみたら



人だらけ~~~

平日なのにこんなにおるの?
春休みやから?



仲見世通りもこんなん。

はい、却下。



お昼を食べようにも時間的にどこもいっぱい。
なので西荻まで戻ってきて



戎で喉を潤す。

煮込み豆腐や串ものをちょい摘まみ。
父の口にも合ったようでよかった。




家までの帰り道、
井の頭公園のボートも待ち列ができるほど大盛況。

出かけるのはド平日に限る。

ともあれ、おつかれさまでした^^







散歩① - 2016.03.30 Wed

お休みの昨日、母を連れて昭和記念公園へ。


風もなくポカポカ日和。



池では亀も気持ちよさそうに甲羅干し。









花もいいけど、



やっぱりこれもないとね。

外ビールの美味しい季節到来。



笑う - 2016.03.28 Mon

「体調を崩し、悩んでおります。」


以前担当していたクラブのレッスンに参加してくださっていた方から
そんなメールが届いたのが約2週間前。
今日、3回目の施術を行なった。


施術前や施術中にいろいろお話を伺い、
施術後にも少しお話。


今日お帰りになる前に、


  「久しぶりに笑いました。」


そう言い残して帰っていかれた。



原因不明の痛みや不快感に悩まされていると
全てが不安に想い、簡単に笑うことなんてできない。
前向きに考えるべきなのはわかっているけれど
やはり症状を目の当たりにすると難しかったりする。


そんな中、
「久しぶりに笑った」のは
大きな一歩なのではないだろうか。


我が家の玄関に置かれているカレンダーの
"今日のひとこと" には、こう記されている。
NEC_0004_20110223231439.jpg
どこまで力になれるか未知数だが
身体に耳を傾けつつ全力でお手伝いしよう。



ハガキ② - 2016.03.25 Fri

昨日ポストを開けたら一通のハガキ。
差出人はインドに滞在していたもう一人の友人。



今回も損傷なく、約10日ほどで到着。


デザインはこんなん。

腕に巻いてるのはマーラーかな?
それにしても巻きすぎやろ。




反対面を見てみると、

ん?




消印がない。

この前届いたのは消印らしきものが押されていたのに。


ま、それでもちゃんと届くならよし。





終わりなき学び - 2016.03.24 Thu

10年前の写真。

かなり強引な身体の持っていきかた。

肘の位置がよくないがために筋力で踏ん張ってる。
そら、腕も太くなるわね。
この頃から比べれば今の腕なんてかわいいもんか。


身体の連動性と、骨で立つ(↑)感覚を得てからは
こういう無茶な身体の使い方をしなくなった。


身体から学ぶことに終わりはない。



必然なのか - 2016.03.21 Mon

このところPCがご機嫌ナナメなので
ハードディスクの診断ツールを起動させた。


ある程度時間かかるのは覚悟の上なんだが
かれこれ2時間半ほど経ち。。。


残り2700分って。


しかもまだ残り時間増えてくんですけど。



文句言っても仕方ないのでお勉強タイム。

PCの調子悪いのはもしかして

インドに行きたいばっかり言うてんと
今度の渡印のために勉強しとかんかい

ってことなのかしら。



そういうことにしておこう。




帰国の途 - 2016.03.21 Mon

友人その一は約一か月、
友人その二は約一週間のインド滞在。


心身のオアシスRishikeshを離れ、
本日Delhiに舞い戻ってきた。

特急が遅れていなければ、昨日のインド時間の23時半位に
予約していたホテルに到着したかと思われる。


友人から連絡が来たのはインド時間の午前0時半。
日本時間だと午前4時。


無事にDelhiに着いたよー、だけかと思いきや
予約していたホテルは満室で系列ホテルに移動したとのこと。



おいおい、

  なんのための予約やねーん。



ま、グレードが下がったわけでもないようやし(こっちの方が格上っぽいとの友人談)
代わりのホテルまでは車で連れて行ってくれたみたいだし(当然やね)
二人とも不自由していないようでよかった。



今朝送られてきた優雅な朝食風景。


今回、現地係員並みの働きをした友人その一。
二年ぶりのインドであらゆる貴重な体験をした友人その二。



明日の朝、元気に帰国しますように^^


ハガキ - 2016.03.19 Sat

昨日帰宅してポストを開けたら
一通のハガキが届いていた。



差出人はインド滞在中の友人。



インクが滲むことも、折れ曲がることもなく
行方不明になることもなく届いてよかった。




ちなみにデザインはこんなん。

彼女らしいチョイスやわ。




反対面を見てみると

ん?

Rs.20?
値上がりしたのかそれとも
金額多めだからちゃんと届いたのか。



友人からのメッセージ

  あなたのおかげで今年もINDIAに行けました。
  このお礼は来世でたっぷり♡



来世じゃなくて、

帰国後すぐでお願いします。 Ψ( ̄▽ ̄)Ψ





おめでとう - 2016.03.17 Thu

心配だった友人その二の渡印。

とりあえず無事にRishikeshに着いて
友人その一と合流。


ほぼ毎日送られてくる滞在の様子。
昨年私が行って気にいった食堂にも行ったそう。

はぁー、Thali食べたいー
インド行きたいーーーーー


行きたい度が高まりすぎて
ヒンディー語のテキストを開いて久々にお勉強したわよ。


今日は友人その二の誕生日。
今までで一番印象深いであろう今回の渡印。
ステキな誕生日を!



親子三代 - 2016.03.14 Mon

某クラブのレッスンに参加してくださっていた方が
三鷹から近い場所に住まれている義妹さんに当教室を紹介してくださり、
その方が通われ始めたのが7年前。

3年後に長女さん、その2年後に次女さんがメンバーに加わった。
今日は長女さんの娘さんがお越しになり、祖母、母、孫と親子三代揃って参加。


ひ孫の代まで指導できるかしら。
頑張ります^^



必需品 - 2016.03.12 Sat

花粉症歴 約30年。

昔に比べれば何てことなくなった現在だが
他の季節に比べてティッシュの使用頻度は高め。

赤鼻のトナカイさんちっくにならぬよう
お肌にやさしく柔らか目なティッシュを常備。


ここ最近は右側のクリネックスを使っていたが
今回左のエリエールのを買ってみた。

エリエールの方が柔らかいかも。
これからはこっちやな。



我が家にお越しの花粉症の皆さん、
遠慮なくお使いくださいませ。



心配 - 2016.03.11 Fri

先月下旬から渡印している友人その一に合流すべく
友人その二が本日出発。


9:30には空港に着くように家を出ると言っていたので
9:45過ぎ、そろそろ着いているかと思い連絡を入れたら
今向かっているところ、との返信。

家出るのが遅かったのかなーと思いきや、
乗り換えホームを間違えて予定より30分遅れている、と。
迷子になること前提で早めに行動したという友人その二。



あなた・・・・・、



何回も成田行っとるやろ。




そんな友人その二。
今までは誰かと一緒か、空港までガイドが迎えに来ていた。


が、今回は全くの一人。

しかも2年ぶりのインド。
自他共に認める方向音痴。


それを見越してわかりやすい地図を持たせたが、
ちゃんとデリーのホテルに着けるかしら。


とっても心配。。。




継続 - 2016.03.11 Fri

東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが無事にハタチを迎える日まで
20年間継続的に支援を行なう ハタチ基金


維摩池周回チャリティーマラソンもそれに賛同し、継続しています。

チャリティ1_convert_20160130043506

    2チャリティ_convert_20160130043525

よろしければこちらもご覧ください。
ハタチ基金HP
尾張旭ランニングクラブBLOG




閏日 - 2016.03.08 Tue

いつ赤ちゃん産まれるかなぁ・・・と思っていた妊婦さん。
(それについては →コチラ


先日2/29の閏日、無事に女児をご出産されました。

体重3512g
お腹の中でよく育ったようです。


4年に一度の日に生まれてきた赤ちゃん。
きっといい運を持っていることでしょう♪



大事なこと - 2016.03.07 Mon

日本と同じく、インドも春が近づいており
これからが観光シーズン。


インド大使館がこんな注意喚起をしている。
(以下、インド日本大使館より)


------------------------------

  インドでは、2月から3月に観光シーズンのピークを迎えます。
 インド滞在中は、思わぬ危険や落とし穴があります。
 また、首都ニューデリーでは犯罪発生件数が増加しているとの統計が
 警察より発表されております。
  当館HPでは安全情報「インドを旅行される皆様へ」として、具体的な
 注意事項をご案内しておりますが、最近当地で連続して発生した主な事案を
 以下のとおり改めてご紹介します。
  ついては、インド滞在中は、以下の対策及び注意事項を参考に、自身の安全は
 自身で守ることを念頭に置いて、常に細心の注意を払って行動し、犯罪被害に
 遭わないようご注意ください。
  なお、万一、犯罪被害に遭ってしまった場合は、最寄りの警察署や在外公館に
 ご相談ください。



○ケース1(睡眠薬強盗)
  ・概要
   旅行中仲良くなったアジア国籍と思われる者とレストランで食事をした際に、
   徐々に眠くなり、その後ベンチで熟睡していた。気づいた時には貴重品
   (財布、携帯電話、旅券等)が無くなっていた。
   また、旅行中親しくなった外国人の家に招待されて車で行き、食事を提供された後、
   意識が薄れ、気付いた時には市内の知らない場所で、所持品は全て無くなっていた。

  ・対策
   ①親切そうに声をかけてくる者や日本語で話しかけてくる者には特に注意し、
     勧められても飲食物を絶対に口にしない。
   ②信用できると思った相手からの誘いでも、決して車に乗ったり、その者の家に
     泊まりに行ったりしない。

○ケース2(タクシー詐欺・強盗)
  ・概要
    空港から乗車したタクシーに旅行会社に連れて行かれ、強引にツアー等
    案内された上に、法外な料金をだまし取られた。
    また、事前にホテルを予約していたにも拘わらず、乗車したタクシー運転手に
    あなたが予約しているホテルは満室だと言われ、違うホテルに連れて行かれそうになった。
    安価な料金で目的地まで行くと言われ乗車したところ、人気のない道路で脅かされ
    高額な料金を支払わされた。

  ・対策
    ①タクシー乗車時は、車両ナンバーを控え、運転手に運転免許証を提示させ、
     氏名を控え、免許証提示を拒むタクシーには乗車しない。
     安価な料金で行くと近寄ってくる運転手を決して利用しない。

    ②特に、空港から乗車する際には、客引き等に声をかけられても決して応じず、
     プリペイド・タクシーの窓口で指定されたタクシーに乗るか、ホテルからの
     送迎車両や信用できる旅行会社手配の車両を利用する。

○ケース3(ひったくり)
  ・概要
    平日の午後1時過ぎ、デリー市内の閑静な住宅街であるバサント・ビハール地区の
    道路(車が1台通れる程度の人通りのない道)を自宅に向かって歩いている際に、
    後方からバイクに乗った男が近づき、肩にかけていたバッグ(現金、ID、
    クレジットカード、携帯電話等)をひったくられた。

  ・対策
    ①車道と歩道の区別がない道路は特に気をつける。
    ②バッグ等は建物側に持ち、ショルダーバッグはたすき掛けにする。
    ③できるだけ明るく、人通りの多い道を選んで歩く。
    ④後方からバイク音などが聞こえたら後方を警戒する。
    ⑤スマートフォンを使用しながら歩いたり、携帯型音楽プレーヤーを聞きながら歩くと、
     周囲への警戒心が低くなるのでやめる。
     スマートフォン・ 携帯電話はバッグに入れない方が望ましい。


------------------------------


数年前、インドについて何も調べずにやってきて
デリーでものの見事に騙され、多額のお金を払わされたっていう
日本人男子に会ったことがある。
とりあえず行けばなんとかなるだろう、そんな気持ちで来たのね。


「行けばなんとかなる」 というのは
事前にある程度の情報収集していて言えること。


少しの手間をかけて事前に調べるか、
現地でバカ高い"勉強代"を払うか。
私なら前者を選ぶけどなぁ。


三段 - 2016.03.04 Fri

3月3日 ひな祭り。




先日、お客様に頂いた段飾りを組み立てました。






三段飾り。

ありがとうございました^^



催促 - 2016.03.02 Wed

ゴン太: ちょっとー、ドックフード入ってませんよぉ。

知らんふりしてしばらく放っておくと、



器をカツカツ鳴らしてアピール。

それでも放っておくと



ゴン太: ご飯くれへんかったらこうしてやる~。

と、スリッパを奪い、布団の上でわふわふ暴れる。



ひとしきり暴れた後、ちらっと両親を見て

ゴン太: どぉ?入れる気になった?



それでも反応しないのを見ると、



ゴン太: ねぇねぇ、そろそろ入れてもええんちゃいます?




ゴン太: ほら、空っぽですやん。




ゴン太: ほらほらっ!

再び、器をカツカツ。



・・・・・・・・、


  
食への執着心、凄まじいね。




Arrival Visa - 2016.03.01 Tue

本日から適応される日本人向けのインドビザ。

visa_convert_20160301100430.jpg

インド大使館HPより引用


ビザ発給代が日本で取得するより約倍額。
滞在日数が30日までで、年に2回まで発給可。

きっとまだ職員たちも不慣れやろうし、
手続きにめっちゃ時間かかりそうな感満載・・・。


しばらく様子見やな。




寄り道 - 2016.03.01 Tue

連休が取れたので、母を連れて恒例となった箱根へ。
と、その前に小田原で途中下車。


小田原城へ行くと一本の河津桜が満開。






修繕中の小田原城。



お堀の鯉たちは、人の影に反応してわらわら寄ってくる。

口をパクパク開けて餌要求。
何も持ってないよー。




ホテルで一息ついた後、夜はいつものこちら。




鶏団子



牛たたき



茄子の揚げ出し



鰤かま



白子焼き



鈴鹿サラダ

海藻クリスタルの独特な食感がおもしろい。



さて帰ろうかと外に出たら、まさかの雨。
ともさんが傘を貸してくれたので助かったー。

いつもありがとう。^^



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Conditioning Yoga & 操体

くろ

Author:くろ
三鷹 ヨガ教室 操体施術


 人は皆それぞれに、
 「息・食・動・想・環境」が
 存在します。
 
 周りに捉われず、拘らず、
 自分自身に"伺う"ことを
 心掛けるのが大切です。
 
 方程式をはめ込んだり、
 他人と比べず気楽に素直に
 自分観察しましょう。
 
 肩肘張らず、
 日々「笑うてなんぼ」。


◆ヨガクラスについて◆
 
 こちらでは、沖ヨガをベースに
 レッスンを行なっております。
 いわゆる「ヨガのポーズ」
 だけに限らず、身体を解す動き、
 強化、修正が主です。

 ■レッスン日時

  月 11:00
  火 11:00/19:00
  水 11:00
  木 11:00/19:00
  土 11:00/14:00/16:00

 ※祝日など、変更の場合あり  

 ■レッスン料

  ・月謝(月4回) 8000円 
    ※振替可 

  ・1回参加(体験)3000円

 ※見学は承っておりません


◆操体施術について◆

 操体は施術者が手技をもって、
 "治す"ものではありません。
 
 身体が快い状態に戻ろうとする
 流れや、蠢き(うごめき)に従い、
 その動きを全身に促します。
  
 施術で改善するのは約6~7割。
 施術後は身体が自然とバランスを
 とってきて、全体がまとまり
 落ち着いてきます。


 ■料金

  ・ 初見料 1000円 ※初回のみ
  ・ 施術料 4000円

  ※前日までにご予約ください  

 
 
 
 ヨガクラスの参加、操体施術予約
 その他ご質問などはメールにて
 承っております。
  
 ★ kuroyoga
    @gmail.com ★ 
 

日々の出来事

テーマ

コメントありがとうございます

ブログ内検索

年月別

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

いらっしゃいませ

ヨガ情報サイト

ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation