topimage

2016-01

第6回 維摩池周回チャリティーマラソン - 2016.01.30 Sat

第6回 維摩池周回チャリティーマラソン
今年は5/15(日)に開催です。
私は今年も操体施術でおじゃまします。

昨日よりエントリー受付を開始しました。

   
    チャリティ1_convert_20160130043506

    2チャリティ_convert_20160130043525


この大会の収益は全てハタチ基金に寄付されます。
 ※ハタチ基金についてはこちら http://www.hatachikikin.com/



大会パンフレットの入手、エントリーは尾張旭ランニングクラブHPからどうぞ。
こちらをクリック→ 尾張旭ランニングクラブ



申告完了 - 2016.01.30 Sat

昨年までお世話になっていた青色申告会を退会したのに伴い
自宅のPCより申告作業をするために
住基カード、個人番号カード、両方使えるカードリーダーを購入。


諸々必要な項目のダウンロードし、
昨年の帳票を参考にしつつ入力して、昨日無事に申告完了。


税務署や申告会場に足を運ぶ時間、
待たされる時間などがなくなって非常に快適。


万能薬の検証③ - 2016.01.29 Fri

先日、今年のサロマウルトラマラソンのエントリー開始だったようで。
もうそんな時期なのか。

すっ転んで膝を怪我したのが一昨年の6/29。
今日で1年7ヶ月経つのね。

と、いうことで (←何が)
きっと私以外に誰も興味のない、インドの万能薬の検証~。




怪我してすぐはこんな状態。
2014.7.1
DSC_0223_convert_20160129093002.jpg
今見ても笑える、このざっくり縫い。




2015.4.23


2015.4.28


2015.4.30


2015.5.26





そして今日現在。
2016.1.29

万能薬のおかげもあるんやろうけど
自然の治癒力って偉大やわ。





 関連記事
  万能薬の検証①
  万能薬の検証②



比較 - 2016.01.28 Thu

3月初旬に出産予定の妊婦さん。

彼女のお姉さんが妊婦だった時に
開脚比較をしたので(それについては→ コチラ
妹さんバージョンもやってみましょう~


ということで、昨日の様子。

残り一か月、どう変化していくでしょうか。



たまには - 2016.01.24 Sun

日本酒。

友人おすすめのお店で、いろんな銘柄を少しずつ。





おまかせの摘まみはこの他にもいろいろ。
ゆったりまったり、美味し楽し。





根気よく伺う - 2016.01.23 Sat

ずいぶん前に書いた、私の生理痛遍歴。
(それについては→ コチラ


その後、調子がいまいちな時もあったが半年前を最後に
今のところ違和感、痛みは一切なし。

自分の中で 「もう大丈夫かも」 と思える要素がある。
それは右臀部及び、右腿の深層部の動きが以前と比べて変わったこと。


左右の動きを比較した時に、常に右側は引っかかりがあった。
そして痛みが酷かったのも右側。

その引っかかりがなくなり、もう大丈夫!そんな感覚が現れた。



あとは昨年から続けている頭皮マッサージや、吸収体が直接当たらないよう
トイレットペーパーを間に挟んでいるのもいいのかな。





あらゆる痛みや違和感がある時は、
あきらめずに根気よく身体に伺う。

時間はかかるだろうけど、きっと兆しは見えると思う。



早期対処 - 2016.01.20 Wed

まぁそのうちに・・・


と、しばらくほったらかしにしていた
フライパンの外回りのコゲつき。


昨日ようやく磨く気になりゴシゴシゴシゴシ・・・・・・・・
とりあえずスッキリ。

なにごとも、溜めこんだ後に困ることは
早いうちに対処するに限るね、と反省。





効率 - 2016.01.19 Tue

先日発表された年賀はがきの当選番号。

いつのまにか3等までになっていたのね。
昔は切手シートって5等くらいじゃなかったかな。



番号を照らし合わせるとき、
私は全等の下2ケタだけを覚えて仕分をするのだが
そんなやり方に対して





  夢がない



と言われたことがある。

だってその方が効率いいやん。



効率よく照らし合わせ、当選は1枚。

切手シート当たり~。


一気に - 2016.01.18 Mon

これですか。

お出掛けの皆さまお気をつけください。


過程 - 2016.01.14 Thu

正月明け早々に片づけスイッチがONになり
収納部分やその他諸々を整理。


必要なものを買い足し、不要になったものを廃棄。
あー、さっぱりした~~~。 


イベントを企画する、旅の行程を決める、
引っ越し先を決める、部屋のレイアウトを決める、等々
物事の過程ってとても楽しい。


締め - 2016.01.11 Mon

9:00発の空港バスで鹿児島空港へ。




約2時間で空港に到着。
ここにも足湯が。


飛行機まで時間があるので



空港の向かい側にあるこちらへ。

何の施設かおわかりだろうか。




空港をじっと見つめる男。
20160103161104499.jpg




鹿児島と言えばこの男。





その名も西郷公園。

ほんま空港からすぐ傍。



はじめまして、西郷さん。



右の横顔



下から




最後にアップで

ど~ん。




旅の最後はやっぱりこれで。

いろいろ恵まれた旅。
ありがとうございました。



一番 - 2016.01.10 Sun

元旦の朝。
さほど厳しい寒さでもなく、初日の出を待つには絶好。


公園に行くと日の出待ちの地元民たちが数名いたが
私が狙いを定めたスポットには誰もいない。
堤防に上り、太陽が顔を出してくれるのを待つ。


















丸く、大きく、あたたかく、力強い。
今までで見た中で一番感激した日の出。





今年も見られてよかった。

ありがとう枕崎。




やっぱり傘いらず - 2016.01.09 Sat

おじさんとのおしゃべりを終え、さらに先へ歩いてみる。



立神岩が見えるねー。



このまま天気が回復したら夕陽撮りにこの辺りまで来ようかな・・・

なんて思ったのも束の間。



うわー、まずいっ!

急いで引き返す。


パラパラ降ってきたところでコンビニがあったので避難。
5分弱でまた少し青空が見えてきたので再び外へ。



さっきのおじさんのお店。

バイク修理屋さんでーす。



鰹漁師の顔はめ。

顔部分がなんで鰹なんでしょう。



ここにも鰹の町っぽい装飾。




駅前のスーパーで見つけたこれ。

あとは部屋でのんびり。


部屋に戻って少ししたらがっつり雨。
晴れ女パワー、ここでも発揮。





地元話 - 2016.01.09 Sat

宿に戻る前に駅前の観光案内所へ立ち寄り。



朝7:30じゃまだ開いてないよね。

時間外にスタンプを押したい場合は近くのタクシー会社へどうぞ。



最南端駅の到着証明書なんてあるんやね。

200円。
もちろんいらない。




部屋に戻って少し休憩。
天気が怪しいので外に行くのをためらったが、部屋の清掃が入るので
とりあえずその間だけでも外出しましょか。



鰹を燻す用の薪が町の至る所にある。





さすが鰹の町

枕崎。




脇道に入ったところでこんなの発見。

メダカの分校。

他にもたくさん鳥かごやら何やらあって
ふ~ん、と思いつつ通り過ぎようとしたら
どっから来られたの?と、そこのおじさんが話しかけてきた。


「メダカの分校」はどこぞにメダカの学校というのがあるらしく
だったらウチは「分校」にしよう、と勝手に命名したらしい。


メダカさーん、こんにちは。

写真じゃ見えんな。




他にもいろいろ話していると、おじさんは昔、東京に住んでいたらしく
三鷹の北側を走っている某バス会社の修理の仕事をしていたとのこと。
加えて、丁目は聞いていないが私の住所の近くに親族が今も住んでいるとか。


まさかこんな所まできて三鷹という名前が出てくるなんて驚き。
これも縁やねぇ。

おじさん、ありがとうー。



下見 - 2016.01.09 Sat

大晦日の朝、この日の天気予報は曇時々雨。


日の出時刻はまだ大丈夫そうだったので
初日の出の撮影スポットを探しに近くの公園へ。

なかなかいいカンジ。




陽が昇るまでに時間があったので岸壁沿いをぶらり。
そこで見つけたこれ。



東尋坊以来だわ、これ系の呼びかけ看板。





気に入った場所を見つけ、日の出を待つ。









昇ってくるのを見てると自然と笑みがこぼれる。
夕陽もいいけどやっぱり朝陽のパワーが好きやな。





朝のまばゆい光を浴びて

さて宿に戻ろうかと振り返ると、



早朝よりゲートボールを楽しむ人達。

どうやら彼らには年末年始なんて関係なさそう。
元気が一番。





 - 2016.01.08 Fri

鰹とビールで満たされたし、
日の出スポットを探るべく歩きましょ。

HPの観光案内では鑑賞スポットとして火之神公園が紹介されていた。
(写真中央右側の突き出ている辺り)


元旦朝にあそこまで歩くのは遠いなぁー
行きはいいけど帰りがね。空港バスの時間もあるし。

公園に行く途中でどこかいい場所があれば・・・と
とりあえずそっちへ向かってみる。



小さな神社発見。



落ちていたこれは一体なに~。



立神神社というそう。

公園近くから見える立神岩に関連してるのかな、たぶん。




この辺りも廃屋がたくさん。






ここからも開聞岳がはっきり見える。



真ん中に尖っている岩が立神岩。

ここまで来たが脚もくたびれてきたので引き返すことに。





来た道を戻っていると向こう側から修行僧が歩いてきた。

すれ違う時に軽く会釈を交わし、
その後なんとなく振り返って写真を撮った。


宿に戻り写真を見てみたら、その写真だけ不可思議なものに。
(見たくない、苦手という方はここでストップ)








 




なぜか周りに白い点がいっぱい。

修行僧の傘の右側は線上に白い。

ちなみにスマホ自体で見るとさらに点があるのと、
写真を開いた瞬間はこれらの点はないのに、
1、2秒後にわーっと浮き出てくる。

なーぜーーーーー







そして、写真見ていて気付いたのがもう一つ。



トリミングしてみると、

なんかおる?


私と修行僧以外、この道には誰もおらんかったし
他に何もなかったと思うねんけどなぁ。



この写真だけの現象で、前後の写真は至って普通。
私自身、霊感とかまっっったくないし、
自分で撮った写真でこんなことになるの初めて。


謎だわ。




あまくち - 2016.01.08 Fri

枕崎での宿は駅の向かい側にあるこちら。



建ってからさほど年数が経っていないようで

写真で見た部屋より広いかも。


窓からは駅が見える。

大型スーパーも近くにあるのでとても便利。
で、ここのスーパー、他店では滅多に見かけない
私がいつも飲んでいるアクアブルーが売っていた。
なんて使えるスーパーなの~♡





さてさて、町探索の様子を。

駅前通りはこのような



廃業したお店がずらり。
スーパーの周り以外はとても静か。



港に出てみる。

鰹漁の船かな。




屋根よーりたーかーい

鰹のぼりぃー



鰹のぼりが欲しい方、


こちらで売ってますよ。





枕崎おさかなセンター。




2階にあるレストランで鰹の刺身を頂くことに。



醤油は甘口と辛口の両方あった。

辛口は他府県から来たお客さん用なのね、たぶん。



せっかくなので小皿をもう一つもらって味比べ。



色がキレイー。

郷に入れば・・・じゃないけど
甘口で食べた方が鰹に合う気がした。

美味しゅうございました、ごちそうさま~。




最南端 - 2016.01.07 Thu

指宿から3駅目に西大山という駅があり、JR最南端の駅として知られている。

先日に書いた通り、電車の本数が少ないため
大抵の観光客は車でやって来て、電車が来るのを待っている。

駅ホームに電車が入ると、待ちわびた観光客が一斉にカメラを向けていた。



ここで2分停車するというので(配慮してくれているのね、おそらく)
だったら、とホームに出て色々撮影。


皆が撮り終わるのは待っていられないので




腕を上に伸ばして撮影。



ホーム傍にある黄色のポスト。

ここから手紙を出せば幸福になれるとか。
もちろん出してません。  ←ええ、かわいくないヤツです。





徐々に乗客も減っていき、枕崎に着いた頃は最初の1/4ほど。
着きましたー、枕崎。



乗ってきたのはこんな車両。





電車から降りると地元の中学生くらいの男子達と
先生らしき人が、小さい鰹のぼりを振ってお出迎え。


乗客が一通り降りたところで待合室に戻る皆さん。

見えるかな、鰹のぼり持ってるの。
毎日やってるのかしら、お出迎え。



枕崎は最南端の始発駅というのがアピールポイント。



宿に荷物預けて散策開始やー。



ドリームランド - 2016.01.07 Thu

駅でバスを降りると、
入れ替わりでお隣の国のグループが山盛り乗車。

いってらっしゃいませ~



電車の時間までもう少しあったので駅前をぶらり。
さてそろそろ駅に・・・と戻りがてら目に入ったのがこの表示。






ドリームランド?

ドリームランドと言えば、奈良ドリームランドしか思いつかん。 ←古い

どんなランドになってるんやろ。ごっつ気になるー。
あぁもっと早く見つけていれば・・・


そんなランドに後ろ髪引かれつつ駅へ戻る。




駅前ロータリー内。



とりあえず鳴らしてみた。

が、何の鐘なのかは知らん。




鹿児島中央方面はたくさんの荷物を持った人でいっぱい。

こちらはガラガラでーす。




ここから約1時間半。



枕崎へGO~





はわい - 2016.01.06 Wed

枕崎へ行く電車は
6:09、11:27、13:18、17:15、18:26の5本。
もう少し本数があれば途中下車して行きたい所があったのに。


11:27に乗ることにして、さてどない時間つぶすかねぇ。
ホテルのチェックアウトは10:00。
ホテル近辺は特に何もないし、バスに乗るにも中途半端。


じゃあ天気もいいし、あったかいし
知林ヶ島方面へ歩いていきますかー。

約5kmの道のり。

できれば荷物を駅のコインロッカーにでも預けたかったが
それをするには余計な距離が嵩むし、時間が足りない。

いつもの肩掛けかばんを時々右へ左へと掛け替えながら
目的地へと向かうことに。



泊まったホテルはこちら。

お世話になりました。
昭和な感じがステキでした。




砂むし風呂場の屋根。

朝からたくさんの方が入浴中。




魚見岳。

オアフ島のダイヤモンドヘッドに似てるとのこと。



言われてみればそうかも。



鹿児島県観光サイトによると、指宿は「東洋のハワイ」と呼ばれている・・・
だそうですよ。





休暇村のキャンプ場の奥に知林ヶ島への道がある。







3月~10月の干潮時にはこの砂道が島まで繋がる。





機会があればまたその時に来てみよう。




戻りはバスで駅へ。

ありがとう指宿。



コミュニケーション - 2016.01.06 Wed

11:25発のバスに乗ろうとバス停に向かうと
既にバスが待機場にいた。

傍らで運転手さんとおじさんが話している。


私がバスの時刻表を見ていたら運転手さんが
「おねえさんはどこに行かれるの?」と聞いてきた。
いわさきホテルの方です、と告げると運転手さんが一言。


「27分に出るから。」



ん?時刻表見間違えたか?

いやいや、



しっかり11:25ってなってますけどね。  笑

ま、いっか。




運転手さんの荷物置きのすぐ後ろに座り
いろいろとおしゃべり。

湖周りに咲いている菜の花は観賞用ではなく、全て漬物用だとか
この辺りで松村邦洋が菜の花マラソン中に倒れてAEDで処置を受け
その後病院に運ばれたんだよ等、いろんな情報(?)を教えてくれたり


自分用に置いてあったであろう地図を

「持って行きー」と、くれたり



とってもフレンドリーな運転手さん。

昨年に引き続き運転手さんとのやり取りのおかげで
長い乗車時間もあっというまに感じる。



途中のバス停、JR開聞駅。

これじゃわかりにくいか。



待合室も改札もなく、すぐ駅のホーム。
シンプルかつコンパクト。



ホテルに戻ったら部屋の扉全開。

まだお掃除中なのかと思いきや、掃除は終わってる。
終わったんなら扉閉めて~。


しばらくしたらお湯とお水のポットを持ってきたので
もしかしたらポットを設置したら扉を閉めたのかも。
ま、ええとしよ。





パラダイス - 2016.01.05 Tue

バス停から歩くこと700mほど、大うなぎが展示されてる所を発見。


その名も、池田湖パラダイス。






土産物コーナーの奥に展示コーナーがあった。

天然記念物といえど、なんか地味な扱い。






確かに大きい、そして太い。



お顔をアップで。

どうもはじめまして。



水槽1つに対して1匹入っていて、あと3匹いたんだが
気になったのがこの子。



生きてますかーっ!?


名所 - 2016.01.05 Tue

ここからまたバスに乗り



着いた先がこちら。

池田湖。





6400年前の火山活動によってできた周囲15km、
水深233mの九州最大の湖だそう。




あ、



イッシーくん。

(興味のある方はwikipediaも参考にどうぞ)




池田湖には大うなぎも棲息しているらしく
至る所に「大うなぎ」をうたった看板があるものの・・・



どこも廃墟。
なんとも寂しい光景。



指宿は菜の花が真っ盛り。

1月には菜の花マラソンが開催されているそう。



あ、でっかいイッシー。

ほんまに湖にいたんやろか。



旅の定番 - 2016.01.04 Mon

一つ目の目的地到着。

お土産屋さんを横目に道を進んでいくと




はい、見えました

灯台。




旅に出る前から友人たちに
今回はどこの灯台に行くの?と聞かれる。


何度も言うけど、「端っこ」が目的であって



灯台が目的ちゃうっちゅーねん。




お隣の国のグループも観光に来ていた。





ここは長崎鼻といって、赤い印のところにある。
長崎鼻_convert_20160103140121
ちなみに指宿駅は右上の隅あたり。







暖かくて観光日和。



開聞岳。

別名: 薩摩富士とも言われている。標高924m。




では、期待に応えて灯台を。



これでよろしいでしょうか、皆さん。




そしてこの地は浦島太郎伝説の地とされているそうで
この岬から竜宮へ向かったとか。







トイレの表記も浦島仕様。



さて、そろそろ次へ移動。




のったりおりたり - 2016.01.04 Mon

泊まったホテルの大浴場は朝4:30から入れる。
早起きの私にとってすごくありがたい。


風呂から上がった後は部屋のベランダで陽が昇るのを待つ。



左が魚見岳、右が知林ヶ島。

知林ヶ島へは3月から10月の干潮時のみ道が繋がり、
歩いて島に渡れるという。




この日は路線バスでいろいろ巡ることにした。
バスの一日乗車券を買いに近くのホテルへ。

このホテルも路線バスも岩崎グループの経営。



さぁ、これで周るよー。

私の他にも観光で来ているであろう人が数名。
それをわかってか、運転手さんが観光ポイントごとでアナウンスしてくれる。


「ちょっと時間遅れてるので、10秒だけ停まりますから写真撮っていいですよ」
そう言って撮る時間をくれたのがこちらの竹山。

スヌーピーが空をあおいで寝そべっている姿にも見えるので、
別名: スヌーピー山 とも言われているらしい。


運転手さん曰く、

「想像力のある人にはそう見えると思います。」 

なるほど。 笑





寄り道 - 2016.01.03 Sun

今日からしばし旅日記が続きます。
よろしければお付き合いを。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今回は指宿→枕崎、それぞれ2泊ずつの旅。
出発の4日前まで鹿児島市内2泊、枕崎1泊、指宿1泊
という予定で組んでいたが急遽変更。



月曜の午前レッスンを1時間も早めて行い、
(メンバーさんのご協力に感謝!)その後すぐに羽田へ。



定刻通りに扉が閉まったものの、さすが年末。
他にも離陸待ちの飛行機がたくさん。

そんなこともあり鹿児島空港には予定より遅れて到着。
定刻に着いていれば指宿への直行バスに乗れたのにー
次のバスまで2時間も待っていられないので
鹿児島中央まで出て電車で向かうことに。



鹿児島中央駅前。

観覧車あるのね。


なにやらイベントやってたけど

特にそそられるものも見当たらなかったのでスルー。



まだ電車まで時間あるし、お昼食べてなかったので

きびなごの南蛮漬けとビール。




鹿児島でもSuicaは使えるが、きっと指宿駅では
ICカード自体が使えないだろうと久しぶりに切符を購入。

(予想通り指宿ではICカード使えずでした)



電車に乗ること1時間ちょっと。
指宿駅に着いた~。







駅前のライトアップ。





すぐそばに足湯。

さすが温泉場。




タクシーに乗り込みホテルへ向かう。
私が乗ってすぐに無線が入り、

  先ほど○○で降りたお客様から金庫の鍵が落ちていないかと
  問い合わせが入ったので見てもらえませんか。


無線を受けた運転手さん、私を降ろしてから見てみると返事。


その後運転手さんと2人で、
金庫の鍵って普通、宿のフロントに預けるもんですよねぇー
なんて話をしつつ、私も座席付近を探してみたが見当たらず。
どこでなくしちゃったのかしら、そのお客さん。
見つかっていればいいけど。




やっと宿に着き、あてがわれた部屋はこんな感じ。
部屋の玄関入ってすぐに鏡台のある部屋。




その奥。



予約プランでは山側の部屋ということだったが
どうやら海側にしてくれたらしい。
(暗くて外がわからなかったが波の音が聞こえていた)


風呂、トイレは昭和の香り漂う雰囲気。 ※それについては →コチラ


鹿児島市内の都会っぽい感じよりこっちの方がいい。
計画変更して正解。




色合い - 2016.01.02 Sat

今朝の空の色合い。



快晴の空もいいけど
雲があるとこれまたおもしろい。


旅日記は明日からぼちぼちアップ予定。




謹賀新年 - 2016.01.01 Fri

本年もよろしくお願い申し上げます。









NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Conditioning Yoga & 操体

くろ

Author:くろ
三鷹 ヨガ教室 操体施術


 人は皆それぞれに、
 「息・食・動・想・環境」が
 存在します。
 
 周りに捉われず、拘らず、
 自分自身に"伺う"ことを
 心掛けるのが大切です。
 
 方程式をはめ込んだり、
 他人と比べず気楽に素直に
 自分観察しましょう。
 
 肩肘張らず、
 日々「笑うてなんぼ」。


◆ヨガクラスについて◆
 
 こちらでは、沖ヨガをベースに
 レッスンを行なっております。
 いわゆる「ヨガのポーズ」
 だけに限らず、身体を解す動き、
 強化、修正が主です。

 ■レッスン日時

  月 11:00
  火 11:00/19:00
  水 11:00
  木 11:00/19:00
  土 11:00/14:00/16:00

 ※祝日など、変更の場合あり  

 ■レッスン料

  ・月謝(月4回) 8000円 
    ※振替可 

  ・1回参加(体験)3000円

 ※見学は承っておりません


◆操体施術について◆

 操体は施術者が手技をもって、
 "治す"ものではありません。
 
 身体が快い状態に戻ろうとする
 流れや、蠢き(うごめき)に従い、
 その動きを全身に促します。
  
 施術で改善するのは約6~7割。
 施術後は身体が自然とバランスを
 とってきて、全体がまとまり
 落ち着いてきます。


 ■料金

  ・ 初見料 1000円 ※初回のみ
  ・ 施術料 4000円

  ※前日までにご予約ください  

 
 
 
 ヨガクラスの参加、操体施術予約
 その他ご質問などはメールにて
 承っております。
  
 ★ kuroyoga
    @gmail.com ★ 
 

日々の出来事

テーマ

コメントありがとうございます

ブログ内検索

年月別

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

いらっしゃいませ

ヨガ情報サイト

ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation