topimage

2014-01

第4回 維摩池周回チャリティーマラソン - 2014.01.31 Fri

東日本大震災の2か月後の2011年5月から始まった
愛知県尾張旭市の維摩池公園で行われる
「維摩池周回チャリティーマラソン」



昨年、出張操体として参加。(昨年の様子は → コチラ)
まずまず喜んで頂けたようで、今年も行くことになりました。



クラブ員の方々の細かい配慮のおかげで
ランナーさん達も楽しみながら走れます。





日時: 2014年 5月11日(日)10:00スタート
場所: 愛知県尾張旭市 維摩池公園


名古屋方面へ行かれる方いかがでしょう。
午前中で終わりますので、帰り時間の心配いりませんよー。





先日からエントリー受付が始まりました。
img_493787_10826269_0_convert_20140130122257.jpg


エントリーはクラブHPよりどうぞ。
「尾張旭ランニングクラブ」






しかし・・・、
「操体クロ」って怪しげやわー。 笑



のちほどね - 2014.01.30 Thu

本日、父の誕生日。
おめでと~



毎年なんぞ送ってますが、
今年はそうもいかないので・・・
のちほど乾杯しましょー



落ち着くまでもうひと踏ん張り。
体調お気を付けを。



申告終了 - 2014.01.29 Wed



13時の予約だと待たなくていいね。
来年もそうしよう。

厳重警戒 - 2014.01.29 Wed

三鷹の北口に来たらこんなんが。


どうやらこの後、駅前で都知事候補の応援に
小泉元首相や瀬戸内寂聴さんが来るとか。


どうりでね。

キターっ - 2014.01.28 Tue

肝心の書類。




さ、明日いってこ。


足止め - 2014.01.28 Tue

週明け早々、確定申告に行きたかったのに
肝心な書類が会社からまだ送られてこない。

そういうもんは申告期間が始まる前に送って頂きたいねぇ。



今日あたりポストに入ってることを願う。

空が・・・ - 2014.01.26 Sun

なんか黄色いぞ。





あったかいし、変な天気。

見てくれている方もいる - 2014.01.23 Thu

先日、操体施術希望のメールを頂いた。


初っ端から施術希望はあまりないケースなので
施術経験があるのか伺ってみたところ、
ヨガにも興味はあるが、続けて通うには場所が遠い。


ただ、
どうしても操体の説明を読んでいて気になってしまい
思い切ってメールをした、とのことだった。






ブログのトップがこんなんで、






下におりていかないと操体の説明なんて目に入らないし、
しかもこんな隅っこでちっさい。




そんなんでも気に留めてくださる方はいるのね。
ありがとうございます。



お役に立てれば幸いです。



最近のドクター - 2014.01.21 Tue

はいどうも、

ドクターです。







その後もずっと寄り添ってます。









おかげで?
新芽が出てきました。

相変わらずやりよります、ドクター。




正月帰省 - 2014.01.18 Sat

さて、朝ごはんの時間なんで帰りましょう。



途中振り向くとイイ感じに太陽がハマってた。






家路につく人々。





宿の屋上にデッキがあるので行ってみた。

なかなかよろしい。




朝日を浴びる灯台。




うぉー眩しいっ






朝ごはん。

先日記載したが、もちろん味付け海苔が添えられてる。






チェックアウト後、上京して以来初めて正月に実家へ。
DSC_0422_convert_20140118070723.jpg




くろしお号、久しぶりー

幼少の頃、御坊の親戚んちに行くのに乗った以来やな。
串本から天王寺まで約3時間半の旅。



ビールを買いたかったが駅の売店は休み。
じゃあ車内販売で買いましょ。






列車が出発してまもなく車掌アナウンス。

「車内販売は紀伊田辺駅からになります。」

ふーん、そうなんや・・・・・





!?




って、1時間後?


まさかのおあずけ状態。 笑








そんなこんなで13:30には実家に到着。
帰宅直後より飲み始め、22:30頃まで続き
翌日も10:30頃から始まり、21:30頃まで飲み続け。

たらたら飲んでるからちっとも酔わず。
ただ、ずっと座ってるからお尻が固まるのが難点。





喰っちゃ寝してるとこんなに育つ。

どう見てもごっついわー




気をつけよ~っと。





こんなカンジで2014年の幕開け。


合掌 - 2014.01.17 Fri

夜中から風がどんどん強くなり、
部屋の中でガタガタしてる音を聞いてると
ちょっとした台風?と思うくらい。




3:00頃に起きて窓の外を見ると、
目にうるさいくらいの星空。

日の出が見えないとかいう心配はないね。




で、次に頭によぎったのが



帰りの列車動くん?




念のために紀伊本線が動かなかったことを想定して
迂回コースを検索。
うん、まぁなんとかなるやろ。


そして身体をほぐしつつ空が明るくなるのを待つ。
そんな頃から見物客の車がちらほらやって来てた。


こちらは広い部屋でぬくぬく待機。
いいねぇー、この優越感。





空が明るくなりだした6:30過ぎ
そろそろ出発しますか。


とりあえず明るい方へ向かおう。







もちろん既に人だかりが。

この先にいい場所を見つけた。





あ、あんな所にまで人が。

見えます?




ほら。





こっちは2人きりの世界。

風強いのに大丈夫かいな。
海に落ちてもしらんよー。







だいぶ人も増えてきた。

私は柵に立ってるのでこんなアングル。






徐々に明るくなってきた。















ようこそ2014年




今年も赴くままに、自分らしく、楽しんで生きよう。
人、物、環境、あらゆるもの全てに感謝。





進んでまう - 2014.01.17 Fri

今宵は宿で晩御飯。



どんなんかな~っと。
あ、メニュー名は省略ね。 ←もう既に忘れてる。








まずはこれで生ビール頂くでしょ。





少しして刺身とうちゃく。

すいません、生おかわりお願いしまーす。





しばらくして煮つけがやってきて





またしばらくして焼き物がやってきて

すいませーん、もう一杯生お願いしまーす。





またまたしばらくしてお肉ものがきて






「これで後はご飯なんですけど」と言われたがそれはパス。
年越しそばもあるとのことだったので、そちらは頂くことに。



箸の進み具合を見ながら一品ずつ出してくださっていたようで
温かい物はちゃんと温かい状態で頂けたのがよかった。
味付けも濃すぎることなくいい塩梅で、思わず生3杯飲んでもうたわ。





食事中、ずっと駆け回っていた坊ちゃん。
厨房やら食堂内を縦横無尽に暴走。  

客席の間とか狭い所も上手くすり抜け、
決してぶつからない。





カメラを向けると

ドヤ顔頂きました。 笑




あぁーおなかいっぱい。
ごちそうさまでした。





大晦日の日の入 - 2014.01.16 Thu

15:00になったので宿へ。




お世話になりますー






部屋に案内してくれたのは、とても感じのいい若女将。









よければ混まないうちにお風呂にどうぞー
とのことだったので一番風呂をいただく。






風呂から上がり、ぼーっと海を眺める。 ←もちろんビール付

日の入が綺麗に見れるといいけど、ちょい雲がかかってるね。








ま、これはこれでまたよし。






探索 - 2014.01.16 Thu

チェックインまでもうちょい時間があるので
翌日の初日の出のビュースポットを探しつつぶらり。


灯台の近くに神社が。





で、神社には寄らずその脇の道へ
DSC_0306_convert_20140116072959.jpg
























眺めのいいところいっぱいの潮岬





えーっと、誰やっけ。。。






あ、

まだやらなあかんことあった。







灯台眺めながらの

ビール~ ルルル~~♪





潮岬灯台 - 2014.01.15 Wed

栄養補給もしたことやし、次は灯台まで行ってみよか。






タワーから歩くこと10分ほどやったか。
灯台に到着。









灯台横にあった壁画「スイミー」

懐かしいねぇー。小学校の教科書に載ってたね。






ここの灯台は有料で登ることができる。





ほぉ、上まで68段ですか。






狭い螺旋階段の後に待ち受けてたのは
階段というより、ハシゴ。

ヒール履いて観に来た人なんて大変やね。






ええ眺めですー
東側にはさっき昇ってきたタワーが。



南側は一面、太平洋。




西側は白浜方面が見える。




太平洋は穏やかやなぁ。

この日は気温が高く、風は強いもののさほど寒くは感じない。




太陽に感謝。

潮岬タワー - 2014.01.14 Tue

再び紀伊勝浦駅に戻り、

いよいよ今回の目的地「潮岬」へ。


JRの時間が中途半端だったのでバスで移動することに。
1時間ちょっと、ローカルバスに揺られつつのんびり。

途中、観光名所のひとつの橋杭岩も見れたので
バスでの移動は正解だったかも。





終点の潮岬バス停のそばに潮岬タワーがある。

さっそく上に行ってみましょかー



入場料を払うと証明書がもらえる。

あ、日付は入れてくれないのね。 
ええね、このテキトー具合。



一応裏面は英語表記。

上半分の空白はなんなんやろ。










7階まで上がり外へ出ると、はい来ましたー

遠くに潮岬灯台も見えるね。














パシャパシャ写真を撮って落ち着いたら
そろそろ栄養補給をしないと。


ということで下の食堂へ。







生中と刺身の盛り合わせを注文。
先にビールを持ってきてもらうよう頼んだ。


・・・・・が、


後に来る団体さんの準備もあってか
なかなかビールを持ってきてもらえず。


私の座った席の横にサーバーがあったので
なんなら自分でつぎますけども、とも思ったが
オーダーを聞いてくれた方とは違う店員さんに
「あのぉ、ビールがまだなんですが・・・」と催促。


するとさっきの店員さんが「申し訳ありません~」と
やっと持ってきてくれた。

あら、生大になってるわ♡
間違えたのか、待たせたお詫びなのか。





そして刺身。

クエの昆布締めの量が少ないので
イカをプラスしてくれたとのこと。


ごちそうさまでしたー。






那智の滝 - 2014.01.13 Mon

さて今度は降りますよー。




これじゃわかりにくいけど、結構急な段差。

前を歩く女性は少々難儀してました。

膝に注意やね、これ。
なので私は斜め向き降りを実行。




こんな階段イヤ、って人は
バスに乗って来ればこの入口まですぐですよ。








やっとこさ、滝とご対面。

落差133m、なかなかの見ごたえです。






こんなものもあった。



別に長生きは求めていないので飲まず。 笑






初穂料300円で滝見台に上がれるようだったので
せっかくだから行ってみることに。

初穂料を払うと小さなお守りが渡される。




これが滝見台。



滝見台より少し高い位置にあった鳥居横から眺める滝。



人が増えてきたのでそろそろ移動しますか。




心得 - 2014.01.13 Mon

階段、まだまだ昇るよー







と、その前に看板が。

わかっとるで。







途中、こんなのが。

記念撮影スポット?




それにしてもなんで・・・





カラスなん?






しかもとぼけた顔やし。












こちらへ行けば那智大社。

だが特に興味ないので行かず。




ぎょーさん階段昇っただけあって眺めよし。






そしてまた看板。

はい、おっしゃる通りです。








あ、滝が見えてきた。






滝までもうちょっと。




熊野古道 - 2014.01.11 Sat

せっかくやから那智の滝でも見ていくか~


ということで、またもや宿を早々にチェックアウトして
新宮駅からバスに乗り、紀伊勝浦駅へ。
そこでまたバスを乗り換え、那智山方面へ。



バスで滝の近くまで行けるんだが
せっかくだからゆっくり歩いて行こうと
大門坂で下車し、熊野古道を歩くことに。




この道を進んで




鳥居を抜け




休憩所を過ぎると






樹齢約800年の夫婦杉に迎えられ、
ここからひたすら石段を昇る。










所々にこんなものが設置されている。






人も少ないし、朝の空気が気持ち良い。








木を見て触ってなどしながら歩いているうちに石段終了。




説明書きによると、
石畳敷の石段は286段、距離にして600m余り
両側の杉並木は132本あるそう。


さ、まだ滝まで歩かなきゃ。




瀞峡めぐり 後編 - 2014.01.10 Fri

奥瀞峡に到着。



ここで15分ほど船を降りて休憩タイム・・・なんだが、
「船一隻ごとに集合写真を撮る」というのが
ツアーに組み込まれているらしく、まずここに並ばされる。

後にPCで写真を見て、気に入れば買ってくださいというシステム。




購入してる人いるわー。





私はもちろん買わないので同じアングルで撮影。







ちょっとした売店もある。

鮎の塩焼きがたしか500円だったような。





ちょこちょこ撮影している間に休憩時間終了。














帰りに見かけたこま犬岩。

どこにこま犬がいるでしょう。






正解はここ。

首輪がちゃんとついてます。





松茸岩なんてのもあったね。









ちょっと駆け足のツアーだが、たまたま参加者がすくなかったので
騒がしくなく落ち着いて見れたかな。









船着き場に戻ると、たくさんのお客さんが待ってた。
ええタイミングやったわ。





迎えの車が来るまで川を見ながら







やっぱビールでしょ。

うふ。




瀞峡めぐり 前編 - 2014.01.09 Thu

まだ夜が明けきらないうちにチェックアウトし
駅ホームで列車を待つ。

松阪駅から3つ目の多気駅で乗り換え、
目指すは和歌山県 新宮市。



特急に乗れば早いんだが、
帰省ラッシュに巻き込まれたくないので
早朝の鈍行列車で3時間ちょっとかけて移動。





朝日が眩しいねぇ。






暖房がなかなか効かず寒い車内。
ブランケットに包まりつつ車窓からの眺めを楽しんだり
ちょっとうたた寝なんてしてるうちに新宮に到着。





観光案内所で瀞峡めぐりのチケットを買い
市バスに乗って船乗り場である志古へ向かう。



私が到着してまもなく観光バスも到着。
団体さんと一緒になるかと思いきや、
どうやら先に昼食タイムらしく重ならずに済んだ。



11:30発の便に乗船。

これに乗ると戻りが13:30頃になり
昼食の時間が中途半端になるからか乗客少なし。



熊野川もなかなか綺麗やね。




2年前の台風被害でかなり川が氾濫し
トラックがこんなことになってたらしい。

自然の威力はすごい。





ガラガラの船内。おかげでゆったり。




おしどりの群れ発見。





普段こうなっている天井が



途中このように開放される。








奥瀞峡まで約50分ほどの川上り。


ツアーは続く。





のんびり - 2014.01.09 Thu

松阪城跡があるらしいので足を延ばしてみる。




あら、こんなとこにも牛。





そしてカエル。




なんかびみょー。





駅から歩くこと20分くらいだろうか
やってきました松阪公園。

さすが年末、人もほぼおらず。
いるのは近所のお散歩の人くらい。





で、これが天守閣跡。






周りの眺めはなかなかよろしい。










城壁の縁を歩ける。





そしてこれも一応端っこ。






天気よろしいねぇー





そうして時間を潰し、15時早々にチェックインしにホテルへ。
この日の宿はここ。

そばにあったスーパーでビールを買い、
部屋でゆっくり飲むぞ~!
とフロントで手続きしようとするも、
まだ清掃が終わってないとのこと。

年末で忙しいやろうからね、仕方ないよね。


「お気になさらず、待ってます。」と愛想よく返事したものの、
内心は ビールがぬるくなる~、早くぅ~

ってなモンですわ。  笑




待つこと10分ほど。
無事部屋に入り、即プシュッ。


今日もよく歩いたー



中継地 - 2014.01.07 Tue

そうそう、今回の旅の荷物もこれですわ。

もちろんこの中にヨガマットも入ってます。




さてさて、二見浦をさっさと退散して向かった先は
この日の宿がある松阪。



はい、松阪牛で有名なあの松阪でございます。



駅前の縁石にはこんなのが。




しかもズラリと。




こんなに牛に出迎えてもらったものの
牛を食べることに全く興味はなく、「目的地」へ行くのに
ちょうどいい中継地点だったから来ただけ。


なのでもちろん、牛喰わず





チェックインまで時間があったので街をぶらり。




お、からくり時計発見。




本居宣長

松阪の人やったのね。


どんなからくりなのか見届けることなく次へ。





古い建物やなぁー、と思って見てみたら
長谷川邸という観光名所のひとつだとか。

江戸時代の木綿問屋とのこと。
中には入れません。


儲かってたんやろねぇ、これだけ立派な屋敷やから。







その長谷川邸のすぐそばにあった本居宣長の家。






家もそれぞれ、人もそれぞれ。
比べるなかれ。






キヲク - 2014.01.06 Mon

この日の宿に行く前にどっか寄れるかなー
そう考えつつ、路線図と乗換案内を調べる。




お、伊勢なら余裕で行けるやん。




伊勢神宮は大祭で激混みなのはわかっているので
あえてそこは却下。
では、小学校の修学旅行で行った夫婦岩を見に行ってみよ~



そんなわけで各駅停車に揺られること約3時間
やってきました二見浦。




歓迎の横断幕。

ほんま、よう来たね、私。






ここは無人駅。



切符はこちらへ。





外観はそれなりやのにね。







駅から夫婦岩までは徒歩約15分。


途中、海沿いへ出てみる。

あの奥が夫婦岩やな。






風が冷たいけど青空に日の丸が映えてるね。




鳥居のそばにこんなのが。

うーむ・・・
個人的にこういう文言は好きではない。





さ、見えました夫婦岩


・・・・・・・って、






ちっさ!








こんな小さかった?


昔はもっと遠くからしか見られへんかったけど
結構大きく見えた気がする。

それは私が大人になったからか。





さらに近くで見られるようなので先へ進む。

道が整備され、神社まであった。
昔なかったよなぁ、たぶん。
至る所に賽銭箱があって何だかなぁ。。。






さ、そして目の前に見る夫婦岩。

やっぱ、ちっさい。  笑





人も増えてきたし、さっさと退散~



寄り道 - 2014.01.04 Sat

端っこ旅へ行くついでに立ち寄った名古屋。




ナナちゃんがこんなことになっとった。





お多福ナナちゃん。

どうよ、この顔。







ナナちゃんを見た後は
友人が10年来通っているという、行きつけのお店に。


名古屋と言えば味噌煮込み。

見た目に反してあっさりしたお味。
他にもちょいちょいツマんで飲んでいたら
ほどなくして合流組の到着。



それほど広い店じゃないところに
カウンター5席を占領。
しかも我々、よく喋ってよく飲む。


アサヒとキリンとサッポロの瓶ビールが
入り口近くの冷蔵庫に入っていたんだが、
キリンは我々で飲み尽してしまった。 


お店もそろそろ閉店の時間なので移動しようかとお会計をしていた頃、
このお店に連れてきてくれた友人の旦那さん登場。
あまり飲めないという旦那さん、いいのかこんな連中の所に交じって。
やはり途中で眠くなってしまい、寝てしまった旦那さん。
すいません、飲んだくれ連中で。




そうそう、一度食べてみたかった物をもらった。

パピリカ






カスタード入りと白あん入りを頂いた。
どちらも甘さ控えめ。特に私は皮がお好みだった。
米粉で作られている皮らしく、しっとりもっちりイイ感じ。



こんな上品な布巾まで頂いちゃって。

「いつも色々もらってるから」と言っていたが
いやいや私の方がお宅でめっちゃ飲んでるし、ご馳走になってますわよー。




楽しい寄り道、ありがとう。





こんな風に - 2014.01.03 Fri

実家ではこのように味付け海苔が食卓に。

100枚入りのたっぷりサイズ。



さ、東京戻りますか。

味付 - 2014.01.01 Wed

関西で、「海苔」といったら「味付け海苔」
実家でもそうでした。




今回の旅で泊まった和歌山県もやはりそのようで。




ちゃんと味付け海苔でした。





コンビニのおにぎりも

焼き海苔タイプもあるが、味付け海苔仕様タイプも売っている。



関西圏内、どこまで味付け海苔の勢力やをもたらしてるんやろ。



正月早々、どうでもいいことを考えつつ
列車に揺られております。


平和やのぉ。

あけましておめでとうございます - 2014.01.01 Wed



本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。






今回の場所はココでした。

ピンときたかしら?



正解は

潮岬。


今年も端っこ万歳!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Conditioning Yoga & 操体

くろ

Author:くろ
三鷹 ヨガ教室 操体施術


 人は皆それぞれに、
 「息・食・動・想・環境」が
 存在します。
 
 周りに捉われず、拘らず、
 自分自身に"伺う"ことを
 心掛けるのが大切です。
 
 方程式をはめ込んだり、
 他人と比べず気楽に素直に
 自分観察しましょう。
 
 肩肘張らず、
 日々「笑うてなんぼ」。


◆ヨガクラスについて◆
 
 こちらでは、沖ヨガをベースに
 レッスンを行なっております。
 いわゆる「ヨガのポーズ」
 だけに限らず、身体を解す動き、
 強化、修正が主です。

 ■レッスン日時

  月 11:00
  火 11:00/19:00
  水 11:00
  木 11:00/19:00
  土 11:00/14:00/16:00

 ※祝日など、変更の場合あり  

 ■レッスン料

  ・月謝(月4回) 8000円 
    ※振替可 

  ・1回参加(体験)3000円

 ※見学は承っておりません


◆操体施術について◆

 操体は施術者が手技をもって、
 "治す"ものではありません。
 
 身体が快い状態に戻ろうとする
 流れや、蠢き(うごめき)に従い、
 その動きを全身に促します。
  
 施術で改善するのは約6~7割。
 施術後は身体が自然とバランスを
 とってきて、全体がまとまり
 落ち着いてきます。


 ■料金

  ・ 初見料 1000円 ※初回のみ
  ・ 施術料 4000円

  ※前日までにご予約ください  

 
 
 
 ヨガクラスの参加、操体施術予約
 その他ご質問などはメールにて
 承っております。
  
 ★ kuroyoga
    @gmail.com ★ 
 

日々の出来事

テーマ

コメントありがとうございます

ブログ内検索

年月別

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

いらっしゃいませ

ヨガ情報サイト

ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation