topimage

2012-01

穏やかに - 2012.01.31 Tue

1月30日は、父の誕生日。
毎年何かしら贈り物とメッセージを送っている。


そして昨日、母から電話。
届いたとの報告だけかと思ったらまだ話が続く。


どうやら数日前から父と喧嘩をしているらしい。
いや、喧嘩というか、母が一方的に怒りが治まっていない。
まぁそれはいつものことなんだが、今回は少々長い様子。
理由を聞けばまぁ


   なんてしょーもない




どちらが悪いというより、どっちもどっち。
簡単に言えば、目くそ鼻くそ。


「あんたにはそう言われると思った」と母。
わかってるならコントロールせい。


電話を切り、すぐに父に電話を入れちょいと一言。
その後、改めて母に諭しのメール。



あれから仲直りして晩御飯食べたかしら。。。



まったくもぉ、
何年経っても互いに学習しない両親。



喧嘩するほど仲がいい 
そう言う人がいるけれど、私はそうは思わない。
喧嘩の"質"によるもよるが、できればしないほうがよい。
余分なエネルギーと時間を使う。

当事者たちにとって気分のよろしいことではないし、
何より、周りの者はもっとよろしくない。





ほんの少し、相手への配慮と
「ありがとう」の言葉を心がけてみたらどうでしょう。




ま、きれいな夕焼け空でもみて落ち着こや。



呼ばれてる? - 2012.01.31 Tue

先日、歯を磨いていた時に
「そろそろ歯のクリーニングにでも行こうかなぁ・・・」と
ぼんやり考えていたらその2日後、
朝食を食べていた時にかぶせが取れた。
たぶんもう何年も前のヤツかと思われる。



いつもの歯医者に半年ぶりくらいに電話を入れる。
 
 「あ、もしもし~ 」

私の名前を告げるとすぐに
 
 「あー、どうもー!」と歯科助手さん。


どんだけ仲良しやねん、我々。




そろそろクリーニングに行こうかなぁと思ってたら、
呼ばれたかのようにかぶせが取れましたー。と冗談で言うと、

「いやぁー、そんな仕業はしてないんですけどねぇ。あははー。」と笑う。



また少しの期間、歯医者通いが続きそうね。


申告おしまい! - 2012.01.30 Mon



昨日、クラブから支払調書が届いたので
申告会から言われていた予定を早めて来所。

確定申告しゅーりょー♪

お友達とコラボ - 2012.01.28 Sat

お友達のお店 温石薬石整体院Lohas
main_img_convert_20120127072322.jpg
                 ↑ これ私。


とのコラボ企画。


「身体の内側からと外側から温めて巡りをよくしよう!」


ということで、明日は11時からLohasでヨガの出張レッスン。
参加者の方々全員、私のヨガは初めて。

どんな身体の反応があるか。
観察好きの私としてはとても楽しみ。





※Yumiさん、勝手に写真拝借しましたー。
 ここで報告するなって? 笑

 明日よろしくどうぞ~^-^v


自然の産物 - 2012.01.27 Fri

霜柱を発見。





こんなに立派なの初めて見たかも。

こんにゃく湿布で温めよう - 2012.01.27 Fri

いつもなら木曜夜クラスはさほど混んでいないが
昨日は「こんにゃく湿布週間」ということもあってか
振替の方も含めて、7名の満員御礼。

中にはこの日を目掛けて振替する方もいる。 笑



せっかくなので、こんにゃく湿布の準備手順をご紹介しましょうか。




こんにゃくがどっぷり浸かる大きさの鍋に水とこんにゃくを入れ、




沸騰するまで強火にかける。




沸騰してきたら、




弱火にして、10分ほど煮込む。

  鍋に私と部屋の様子が写ってますな。 笑



タオルは2枚用意。





こんにゃくが煮込めたら取り出して、





タオルに乗せ、





1枚のタオルで包み、





さらにもう1枚のタオルでさらに包む。





あとは好きな所に乗せて寝るだけ。



首や肩、腰、背中に置きたいならうつ伏せ寝、
胃や肝臓、腹に置きたいなら仰向けで寝る。



置くのは1箇所。そこに集中させて巡りの回復を図る。



なんとも言えない気持ちよさ。
ぜひご自宅でやってみてはいかがでしょ。




夕暮れ時 - 2012.01.26 Thu



徐々に日が長くなってる。
それが日々の小さな喜び^-^


早くあったかい季節になってほしいねぇ。
寒い季節も残りたった約2ヶ月・・・、

8週間・・・、60日・・・、1440時間・・・。





・・・・・・、

あったかくなるには、まだちょっと先やな。







夕暮れといえば、昔撮ったこんな写真がある。


久しぶりにまた行きたいなぁー。。。



納まった - 2012.01.26 Thu

ここ数日、床の拭き掃除をするのに膝をつくと
左側だけ鋭い痛みが走っていた。
場所は膝の皿のすぐ下あたり。

でも膝を床につく以外、曲げたり伸ばしたりでは何ら違和感はない。

ま、動くのに支障はないのでそのうち治るかと
様子だけは伺いつつ、特別なことは何もせず放置。



そして今朝、膝を抱えて、足を少し浮かせて
尾てい骨でバランスを取りながら座っていると
仙骨あたりがポキっと鳴った。

これは時々あえてやることなんだが、たぶんこれで膝も大丈夫!
そう感じたので、試しに膝をついてみると痛くない。


膝が痛いからといって、膝だけをみていてもダメ。
やはり全体をみないとね。
自分の身体を通して、また改めて感じた。

んー、日々勉強。


怪しげ - 2012.01.26 Thu

近所のスーパーに、





昼夜問わず、






2、3日おきに姿を現す、






板こんにゃくだけを大量に買う女。


他から見ればきっと、怪しさ満点。






本日の夜クラスから、火曜夜クラスまで

こんにゃく湿布週間

あったまって頂きましょ♪



昨年はネットで安いのを購入したが、今回は安いのが見当たらなかったので
近所の"素敵すぎる"スーパーで購入。


三平さいこー。






雪ニモマケズ - 2012.01.25 Wed

今朝の一コマ。
DSC_1007_convert_20120125150702.jpg


毎週通るところに植えられているシクラメン。
さすが寒さに強い。

早く周りの残雪が溶けるといいねー。


擬音 - 2012.01.25 Wed

擬音とは、
  映画・演劇などで、実際の音に似せて人工的につくり出した音。効果音。サウンドエフェクト。




普段話をする時や、レッスン中に説明する時などに擬音をよく使う私。
内容を耳だけでなく、感覚として受け入れてもらいたいから。

例えば、レッスンでよく言う「肛門締めて」と言葉。
ただ単に「締めて」だけでもよいが、


   キューーーッ と締めて

   キュッ と締めて  


だけでも印象が変わる。 



他に音の強弱も付け加えると、

    キュッ と締めて

    キュッ  と締めて

    キュッ と締めて




あとは表現を変えてみたり。

    ギュッと、キュッと、シュッと、ピッと・・・・ などなど。





耳から入れた情報を頭で考えず、体感として捉えてもらえればと思うんだが
共感してくれている人が果たしてどのくらいいるだろうか・・・。 謎。  笑


一夜明けて - 2012.01.24 Tue

昨夜




今朝



おでかけの方、足元気をつけて。



ゆっくり浸透 - 2012.01.23 Mon

パーソナルを始めてから約1ヶ月。



なんとも言えない不思議な感覚にしっかりハマった方が
少しずつ少しずつ増えてきた。

施術が終わったときの身体に芯がスーッと通って
身体が軽くなるカンジ。そしてみなさん笑顔が出る。


操体で得た感覚をヨガの中で、普段の生活で活かして頂ければこれ幸い。




のんびりゆられ旅 5日目 -その2-  - 2012.01.19 Thu

甲府行きの普通電車が来るまで改札外にあった
お土産屋さんの中のイートインで軽く食事をしていると
窓の外に猫発見。


そこがちょうど日当たり良くてあったかいのね。
DSC_0953_convert_20120118065142.jpg


人が近寄ると即座に逃げ、また戻ってくる。
DSC_0955_convert_20120118065217.jpg
こっち気付かへんかなぁ。



あ、気付いた。
DSC_0956_convert_20120118065242.jpg


私が食べてるおやきに視線集中。
DSC_0957_convert_20120118065329.jpg


「なに食べてますのん?」
DSC_0959_convert_20120118065359.jpg
あ、野沢菜のおやきですけど。



「うまそうですやん。」
DSC_0960_convert_20120118065425.jpg
はい、うまいです。あ、あげませんけどね。


この後、また人が来て逃げていった。

あの子、昔実家で飼っていた猫に似てたなぁ。
いい時間つぶしの相手になってくれたわ^^



そして甲府、高尾で乗り換えて三鷹に到着。
DSC_0963_convert_20120118065501.jpg
ただいまー。



5日間お世話になった切符。
DSC_0994_convert_20120118065526.jpg


青春18きっぷの旅、なかなか楽しい。



そんなに急がんでも、多少回り道しても、目的地に辿り着けばええ。
あったならあったなりに、ないならないなりに。
あっても、なくてもどっちでもいい。


旅は私にとってバランスを整える、欠かすことの出来ない
とてもとても大事な要素のひとつ。そう再認識した今回。


今年はたくさん旅に出るぞ。







以上、のんびりゆられ旅日記終了。



相変わらずヨガ指導者らしからぬ?ネタばかりの自己満足なブログ。
ま、でもブログってそんなもんよね。 ←開き直りか。

こんなんでよろしければいつでもふらっと立ち寄ってくださいまし。



いつもありがとうございます。
感謝、合掌。


くろ



のんびりゆられ旅 5日目 -その1- - 2012.01.19 Thu

夜明け前。
DSC_0935_convert_20120118064546.jpg


小淵沢行きの始発に乗り込む。
DSC_0936_convert_20120118064621.jpg


仕事始めの人々もいるなか、のんびり車窓を眺める。
DSC_0940_convert_20120118064820.jpg


朝日が眩しい。
DSC_0941_convert_20120118064847.jpg


徐々に標高があがり、
DSC_0943_convert_20120118064935.jpg


JR線最高駅 野辺山。
DSC_0946_convert_20120118065002.jpg
実はここが昨夜泊まる"予定"だった場所。




ガスってなければもっと山並みがキレイだったろうに。残念。
DSC_0949_convert_20120118065040.jpg


そうこうしてるうちに小淵沢に到着。
DSC_0950_convert_20120118065116.jpg
中央線に帰ってきましたー。


乗り継ぎの電車までちょいと時間つぶし。。。




のんびりゆられ旅 4日目 -その4- - 2012.01.18 Wed

小諸駅前。
DSC_0914_convert_20120117153406.jpg
人いませーん。



宿へ向かう前に、近くの懐古園へ。
DSC_0923_convert_20120117153526.jpg


そうよね、正月は休みよね。
DSC_0922_convert_20120117153550.jpg
じゃ、ぶらっと散策を。




おー、噴水が凍ってる。
DSC_0915_convert_20120117153628.jpg
自然の芸術。すごいね。


天気がよければ富士山が見えるとか。
DSC_0918_convert_20120117153835.jpg


なんかのんびりしてていいわ。
DSC_0920_convert_20120117153908.jpg
休園日でよかった。



さて今宵のお宿。
DSC_0933_convert_20120117164449.jpg
食べ放題、飲み放題付の宿泊プランで有名なお宿らしい。(後に知った)
私は素泊まり。6500円+入湯税150円


古いけど、まぁまぁ広めの部屋。
DSC_0926_convert_20120117164521.jpg



バスルームも広め。浴槽も大きめ。
DSC_0927_convert_20120117164550.jpg


TVの上には
DSC_0932_convert_20120117164712.jpg
そんなアピールされましても。。。



こんなものも。
DSC_0931_convert_20120117164638.jpg
かゆい所にピタっと届く「背中かいて」

なんのひねりもないネーミング



大浴場が温泉なので、皆の夕食時を狙って入りに行ったらほぼ貸切。



部屋の壁が薄く、この旅の中で一番落ち着かない部屋だったかも。
でもまぁ、温泉入れただけでもよしでしょ。




さ、明日は帰宅の途につきますよー。


のんびりゆられ旅 4日目 -その3- - 2012.01.17 Tue

長野駅から歩いて善光寺へ。


バックパックかついで初詣。
混んでる所にジャマですね。 すんません。




仁王門。

向かって左側。                              向かって右側。
DSC_0894_convert_20120116054820.jpg  DSC_0893_convert_20120116054750.jpg  


DSC_0897_convert_20120116054901.jpg


濡れ仏。
DSC_0898_convert_20120116104347.jpg



本殿は入場規制。なので遠くから拝む。
iphone_20120116055700_20120116055916.jpg
ここまで来させて頂いてありがとうございます。 -∧-合掌




お昼ごはんに野沢菜のおやき。
DSC_0906_convert_20120116054952.jpg


駅で見つけた445円もする地ビール。
DSC_0910_convert_20120116055015.jpg
地ビールってあんまり好きじゃないけど、これはまぁまぁかな。




そして長野駅からしなの鉄道にゆられて小諸に到着。
DSC_0912_convert_20120116055050.jpg

どんな町並みかしらね。



のんびりゆられ旅 4日目 -その2- - 2012.01.16 Mon

のんびり歩いて駅へ向かう。



上から駅を見下ろす。
DSC_0869_convert_20120115122357.jpg
ホンマ、海のそばやな。



誰もいない駅のホーム。
DSC_0879_convert_20120115122452.jpg
また夏にでも訪れたいね。





8:57 時刻どおりに電車到着。
一番後ろの車両(といっても2両しかない)に乗り、一番後ろの席に座る。


発車してまもなく乗務員室の扉が開き、車掌さんが来て私に
「そこの席、足元の暖房が効かないからこっち(反対側)に座ったほうがあったかいですよ。」
親切に声を掛けにきてくれた。

特に寒く感じなかったし、海を見ていたかったので、
「寒くなったら移ります。ありがとうございます^^」と述べた。


すると車掌さんが一言。


「たしか、昨日も乗ってましたよね?」


覚えられてる、私。 笑

いいなぁ、こういうやり取り。ローカル線、さいこー。




隣の駅に着くと霰がガッツリ降ってきた。
DSC_0881_convert_20120115122530.jpg


直江津から妙高号に乗って移動。
DSC_0885_convert_20120115122610.jpg
これも普通列車。

途中駅から帰省客が山盛り乗ってきて、乗車率120%



車窓より。
DSC_0887_convert_20120115122641.jpg
信州は雪深いね。




そして長野に到着。
DSC_0888_convert_20120115122717.jpg


大きい近代的な駅は久しぶり。
DSC_0889_convert_20120115122744.jpg
落ち着かへん。 笑



時間があるし、せっかくやから善光寺にでも寄ってみるか。




のんびりゆられ旅 4日目 -その1- - 2012.01.15 Sun

朝5時頃目覚める。


外はまだ風雨が強い。
出発時間をどうしようか。

駅までは歩いて約20分。
傘は持っていない。
ホテルの車送迎は9時半以降から。
だったら8:57の電車に乗る予定にしていたが、
1本後の電車にしてホテルの車に乗せてもらおうか。


ま、まだ時間あるし、なんとでもなるか。





カーテンを開け、マットを敷いて、外を見ながら太陽礼拝。
部屋が広いから動きやすい。

日の出時刻が近づくごとに、空の雲が切れてきた。


DSC_0863_convert_20120115121634.jpg
雨止んだね♪これで予定通りに行動できそうやな。


引き続き動いていると携帯が鳴った。
かけてきたのは、この日の夜泊まる予定にしている宿から。
電話に出ると、


  「昨日お泊り頂く予定でしたので、お部屋を用意して夜中までお待ちしていたのですが・・・」


・・・・・へ?



へ!?




いやいや、今日泊まる予定でこちらはお願いしてるはずなんですけど。
 (ってか、夜中まで待ってたなら昨日電話してきたらいいのに、ねぇ。)



だが先方が言うには今日の予約ではないという。
そして今日は満室とのこと。

とりあえず予約サイトをもう一度確認して折り返し連絡すると告げ電話を切る。


予約サイトには確かに今日で入っている。
予約番号を控えて再度宿に電話。

先方の予約番号を聞くと、私の番号と違う。
そういえば、1月3日の予約の前に1月2日で一度予約を入れたが
キャンセルをして3日に取り直した。
宿側はその前の予約を見ていたのね。

先方のミスということが分かり、焦る宿側。


  「えーーっと、そうしましたら・・・・ 素泊まりですよね。お部屋ご用意致します。」



へ!?   


さっき、今日は満室やって言いましたやん?



  「実は本日、お客様がいらっしゃらないので 貸切状態になります。」




へ!? 




私一人のために準備(全館暖房を入れたり、清掃したり、風呂沸かしたり?)をするので
元々予定していた17時のチェックインより早く到着は少々困るが、部屋は用意しますと。



気ぃ遣うわ。。。

そんな、私一人のために申し訳ないので別の宿を探す、と言うと
  「当日にまた改めて探されるのも大変でしょう。お泊り頂いて大丈夫ですから。」と。


でもやっぱり、一人のために開けさせるのは申し訳ないし、
気ままな旅ですのでお気遣いなく^-^ と、丁重にお断りした。
ずっと私が声を荒げて怒ることなく対応していたので、先方は恐縮しっぱなし。
気にすることはない、ただ縁がなかっただけのこと。



そして代打の宿は、この日途中下車して温泉に入る予定にしていた小諸のホテルに決定。



さ、歩いて駅に向かいましょ。





のんびりゆられ旅 3日目 -その3- - 2012.01.14 Sat

さてさて~。
今回の旅で一番楽しみにしていた宿。


こちら。



んー、贅沢。
DSC_0844_convert_20120114125458.jpg


バスルーム。
DSC_0850_convert_20120114125535.jpg
写ってないが、バスタブはゆったり広々。

露天風呂も2階(だったかな?)にある。
そこからの夕日の眺めがおすすめらしい。



窓からの眺め。
DSC_0853_convert_20120114125638.jpg
ええやないのぉ。


DSC_0848_convert_20120114125745.jpg


到着時には自家製ジェラートのサービスまでついてる。
DSC_0843_convert_20120114125604.jpg

ちなみにこちらのお宿、素泊まりで6300円。1月2日でこのお値段。お得~。
調べてないが、大晦日と元旦はもうちょっと高かったかと。 




部屋の写真を撮り終え、時刻は15:30。
お昼を食べていなかったので、さっそくホテル内のレストランへ。


生ビール、生ビール♪


そんな念願の生ビールと刺身盛り合わせ。 
DSC_0855_convert_20120114125815.jpg
おっさんか。



ちょっとお腹が満たされたので、露天風呂じゃなくて
ホテルよりさらに上がったところから沈む夕日を眺めてみよう!と、外出。



海と反対側はこんな風景。
DSC_0857_convert_20120114131817.jpg

DSC_0858_convert_20120114131906.jpg



さて海はー、、、





ん?


DSC_0859_convert_20120114131928.jpg

なにやら雲が。





もしかして、まずい?

まずいよねぇ。





この雲行き。
DSC_0860_convert_20120114125946.jpg



逃ーげーろーーーーー




残念ながらこの雲に遮られ、夕日は拝めず。



風も強いし、曇ってるし、寒いし、露天風呂も却下。
この夜、風ビュービュー、雨だか雪だか雹だかが降っていて
窓がずっとパリパリ言うてました。



明日天気になりますように。。。


こぢんまり - 2012.01.13 Fri

フユザクラが咲いてます。

初もの - 2012.01.13 Fri

昨日レッスン前半のほぐしの最中に、西と東の食文化の違いの話になった。


そういえば私はまだ "ちくわぶ" なるものを食べたことがなかったかも?
なら、食べてみよう!ってなワケでレッスン終わってからさっそく買いに。



はじめまして、ちくわぶさん。


いただきまーす。



。。。。。。。。、




んー。。。。

なるほどぉ。



嫌いではないけども、
今回が最初で最後かな。


好きな人はこの食感が好きなのかしら。
好みっておもしろいね。


のんびりゆられ旅 3日目 -その2- - 2012.01.12 Thu

糸魚川から直江津にやってきた。



また乗り換えて↓に乗り、長岡方面へ。
DSC_0828_convert_20120112084226.jpg


電車の出発を待っていると雹が降ってきた。勘弁してくれ~。
目的地の天気がいいことを願う。。。



ガタゴトと揺られること30分。
着いたのは "青海川駅" 。
DSC_0840_convert_20120112084940.jpg



電車を見送り・・・、
DSC_0835_convert_20120112084713.jpg



ホームから海を眺める。
DSC_0834_convert_20120112084641.jpg
ちなみに丘の上にある建物が今宵の宿。



おー、日本海。太平洋と違って荒々しい。
DSC_0838_convert_20120112084917.jpg


天気も良くなってきた。
DSC_0837_convert_20120112084852.jpg


駅舎。
DSC_0842_convert_20120112085002.jpg
というか、ただの待合室。



さ、宿へ行きましょ。



心意気 - 2012.01.11 Wed

本日からまた新たに仲間入りされた方々。
そのうちほとんどの方が全く初めて。




その中に杖をついてる方がいらっしゃった。
半身が思うように動かない。

話を聞けばプールにほぼ毎日、2年通っていたが期待するような成果が現れない。
そこで「ヨガをやってみよう」と思ったとのこと。

他の方々のようには動けないためフォローしつつ、ご自身の出来る範囲で動いて頂いた。



レッスン後にまた話をすると、

「いろいろとキツイ動きはあるが、やってみる。」

力強い言葉と共に、顔は晴れやかだったように見受けられた。




どこまでお手伝いできるかわからないが、
私のできる限りを尽くしてみよう。


少しでも期待に応えられるといいな。

がんばろ。





のんびりゆられ旅 3日目 -その1- - 2012.01.11 Wed

どこか昭和の香り漂う宿に別れを告げ、いざ新潟へ。


伊那市から再び飯田線に乗り、約30分ほどで辰野駅に到着。

ここで乗り換えて松本へ向かい、松本でまた乗り換え。


これまたローカルな大糸線。
DSC_0813_convert_20120110095342.jpg
ローカルとはいえ、冬季はスキー客で結構な賑わい。
しかもベトナム人?らしき団体(20名弱)が発車間際になだれ込んできた。




私の目の前、まるで異国。




そんな団体やその他の人々はヤナバスキー場や、白馬で下車。
その後は何事もなかったかのような静けさ。



電車が先へ進むごとに雪深くなる。
南小谷へついた頃は大雪。
DSC_0814_convert_20120110095413.jpg


私の足跡。深さわかるかしら。
DSC_0816_convert_20120110095448.jpg


駅舎。
DSC_0818_convert_20120110095517.jpg


駅の待合室にはコタツ完備。
iphone_20120111065744_20120111065857.jpg



南小谷から糸魚川は1両編成。
DSC_0823_convert_20120110095629.jpg
ワンマンカー、整理券方式。

まるでバス。
DSC_0822_convert_20120110095722.jpg


山間部はえらい雪だったが、糸魚川につくとほぼ雪はなし。
DSC_0824_convert_20120110100213.jpg



糸魚川についてまもなく、
大雪のため、南小谷~糸魚川間を運行中止し、
バスによる振替輸送に切り替えるとのアナウンス。



あぶなかったぁ~~~



やっぱ運持ってるわ、私。


のんびりゆられ旅 2日目 -その3- - 2012.01.10 Tue

本長篠から天竜峡行きに乗車。



車内はこんなカンジ。


車内から見える川。

たぶん天竜川?
近くで川を見たいところだが、なにせ寒いので却下。
夏にまた訪れてみたいねぇ。


天竜峡駅に到着。そしてまた乗り換え。



お、贅沢なシート。



暖房も効きすぎなぐらいで快適に伊那市に到着。



駅前の銅像。

「いらっしゃ~い♪」と迎えくれているかのよう? 笑


この日の宿泊はこちら。

うふふ。 なんだかステキな予感。


入り口の自動扉には・・・

景気よろしいなぁ。


おや?

去年9月の日付が入ったサイン。
まさか本人が来たの? んなわけないか。まぁどっちゃでもよい。



部屋はこんな具合。

宿というか、人んちみたい?


ベッドサイドには

表示が壊れている時計と、時間限定のBGMスイッチ。
私としたことが、BGMを聞きそびれた。



ん???

コゲ跡。


たしか禁煙部屋をリクエストしたんですけども。。。


気付けばテーブルには、

灰皿どーん。



・・・・・・・・ま、えっか。
部屋移るのもめんどくさいし。

たぶんこの日は私と、他にもう一人だか一組だかしか泊まっていない様子。
とても静かな館内。



そんなこの宿のステキなポイント。


①バストイレ付の部屋。しかも洗面台、バス、トイレ、それぞれが別々。
   (リンスインシャンプーが少々おっちゃんの整髪料臭かったのはマイナス) 


②なによりビックリしたのがこれ↓


KIRINの自販機にエビスがあること、、、
ではなくて、よーーーくご覧あれ。


なんとビールのお値段が一番絞りも、ラガーも、エビスも

 200円!!!

もちろん、しっかりエビスを頂いた。



ちなみにこちらのお宿、元旦でも素泊まり4800円。




年の始めからなんてステキな宿♪






お散歩日和 - 2012.01.09 Mon

年末年始の旅記事は一旦休憩。


-・-・-・-・-・-・-



連休中日の昨日、自然に囲まれてきた。


樹齢1200年の杉の木。



根元にしがみついてみる。
DSC_0980_convert_20120109164824.jpg
これでこの木の大きさがわかるだろうか。



DSC_0983_convert_20120109164932.jpg
この木の間はなんだか音が吸い込まれるような、不思議な感じ。




天気も穏やかで、
DSC_0987_convert_20120109165034.jpg


たまたま入ったお店で食べたヤマメの刺身。
DSC_0991_convert_20120109165130.jpg
お店の水槽で泳いでたものをさばいたので臭みもなし。
コリコリしててなかなか旨し。


立ち寄った温泉も人が少なくゆったりと浸かれて
なかなかよいお散歩だった一日。



のんびりゆられ旅 2日目 -その2- - 2012.01.08 Sun

元旦のこの日は伊那市まで移動。


1本早い電車に乗り、途中の天竜峡駅で降りて温泉に行く予定だったが
残念ながらその電車には間に合わず。

そのまま伊那市へ向かってもよかったが、せっかくなので浜松で降りて
浜松餃子とビールを頂いてみよー。

そんなワケで浜松。



お店が開くまで時間があったので駅の周辺地図を見て
近くの神社までちょい散歩。



ありました、六所神社。





伊那市に行く途中で有名な豊川稲荷に寄ることもできたが
人ごみはイヤなので選択肢には入らず。
(実際にこの後、豊川稲荷参拝者てんこ盛りの電車に乗る)



さ、お店の開く時間。
有名なお店は元旦で休みだったので、駅ビル内のお店へ。

元旦の開店早々、ビールと餃子を頼む女。

おっさんか。 (おっさんや)


お腹と喉を満たし、移動再開。

ここからローカル線として有名な飯田線に乗り、伊那市を目指す。


豊川駅までは参拝客ラッシュ。
その後はゆったりとボックス席で車窓の景色を満喫。


乗った電車が本長篠止まりだったので、次の電車が来るまで50分ほど時間つぶし。


なにもなーい。


駅近くの交差点。

信号は点滅式で十分。


待合室で持っていった本を読んで過ごす。

慌てない旅。



のんびりゆられ旅 2日目 -その1- - 2012.01.07 Sat

元旦の朝。

午前3時にパチっと目が覚めた。
そのまま起きて風呂を溜めて浸かり、のんびり支度。


先日の記事の通り、午前4時半にはホテルを出発。
さくさく歩いて端っこを目指す。
国道を歩いていると、同じように初日の出を観るであろう車が
私と同じ方向に走っていくので、とりあえず道は間違っていないなと
安心しながら黙々と歩き続けた。

御前崎は風が強い所らしいが、幸いなことにこの日は穏やか。
風が強かったらタクシーで行ってたかもなぁ。。。




ようやく海に近づいてきた頃、空が明るくなってきた。
間に合うか? いや、間に合わせる!
そして見えてきたこの建物。

なぶら市場。

ここでは元旦の朝5時から無料で"なぶら汁"が振舞われている。
だが私はそんなのを食べてる時間はない。


あ、これ撮っとこ。

おっと、ゆっくり撮ってる場合ちゃう。急がんと。



小高い丘の上には日の出を待つ人々が。



私はもう少し海に近いところへ急いで向かい、なんとか日の出前に到着。



ちょっと雲がかかってるねぇ。。。



見えた!

太陽に向かい、静かに合掌。
ここに在る自分、在らせてくれている環境、いろんなことに感謝。


来てよかった。来れてよかった。
"ええ運"を持ってるなぁ、私。
はい、自画自賛~。 笑



帰る前にトイレに行こうと観光案内所に入ったら、まだ"なぶら汁"が残っていた様子。
ではせっかくなので頂きましょうか。

あったまるね。ごちそうさまでした♪



時間があれば歩いて帰ってもよかったが、
次の行程があるのでタクシーを呼んで、楽々な帰路。
ドライバーのおっちゃんと気さくに会話をしつつ20分強でホテルに到着。
車って速いね。 あははー♪



部屋に戻り、とりあえず自分を褒めよう。

よーがんばった、私!

さ、次に行こう。


遠赤の温かさ - 2012.01.07 Sat

先日、私ごときがモデルを務めさせていただいた(それに関する記事は コチラ)
お友達がやっているストーンマッサージのお店、「温石薬石整体院Lohas」



去年の暮れ、HPが新しくなり私も登場。

main_img_convert_20120107043730.jpg
                    ↑これ私。




民間療法のひとつに"瓦で温める"というのがある。
瓦を 弱火 に2分ほどかけ、それを新聞紙に包んで患部に当てるというもの。
神田に居た頃、生徒さんが生理痛などで苦しんでいる時には温めた瓦を抱えてもらっていた。
生理痛持ちだった私も瓦にはお世話になったことがある。



石の温かさが好きで、岩盤浴にもよく通っていたが
残念なことに近所のお店は全て閉めてしまった。
なので今は、たまーにこちらのストーンマッサージを利用させて頂いている。
(特に肝臓が疲れているときなど。笑)


足裏や腰、背中に置かれた石がいいカンジに温かくて幸せ。



今月末にこちらの店舗でイベントとしてヨガレッスンをさせて頂くので
先日打ち合わせがてら施術を受けに入ったら、途中聞き覚えのある声が。
顔を上げてみると、くろヨガメンバーの一人。 

先生、どっか悪いんですか?と聞かれ、
「いえ、どこも。温まりにきました^^」と返す私。
指導者と受講者が並んで施術を受けるという、なんだかおかしなひととき。 笑




「くろブログを見た」と言って予約をすると、無料で20分延長してくださるサービス続行中。
施術者は男性、女性それぞれ1名ずついます。

私のように"温まりに"という感覚で行かれてみるのもいいかもしれません。
よろしければどうぞ~。

  予約はこちらへ→ 「温石薬石整体院Lohas」




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Conditioning Yoga & 操体

くろ

Author:くろ
三鷹 ヨガ教室 操体施術


 人は皆それぞれに、
 「息・食・動・想・環境」が
 存在します。
 
 周りに捉われず、拘らず、
 自分自身に"伺う"ことを
 心掛けるのが大切です。
 
 方程式をはめ込んだり、
 他人と比べず気楽に素直に
 自分観察しましょう。
 
 肩肘張らず、
 日々「笑うてなんぼ」。


◆ヨガクラスについて◆
 
 こちらでは、沖ヨガをベースに
 レッスンを行なっております。
 いわゆる「ヨガのポーズ」
 だけに限らず、身体を解す動き、
 強化、修正が主です。

 ■レッスン日時

  月 11:00
  火 11:00/19:00
  水 11:00
  木 11:00/19:00
  土 11:00/14:00/16:00

 ※祝日など、変更の場合あり  

 ■レッスン料

  ・月謝(月4回) 8000円 
    ※振替可 

  ・1回参加(体験)3000円

 ※見学は承っておりません


◆操体施術について◆

 操体は施術者が手技をもって、
 "治す"ものではありません。
 
 身体が快い状態に戻ろうとする
 流れや、蠢き(うごめき)に従い、
 その動きを全身に促します。
  
 施術で改善するのは約6~7割。
 施術後は身体が自然とバランスを
 とってきて、全体がまとまり
 落ち着いてきます。


 ■料金

  ・ 初見料 1000円 ※初回のみ
  ・ 施術料 4000円

  ※前日までにご予約ください  

 
 
 
 ヨガクラスの参加、操体施術予約
 その他ご質問などはメールにて
 承っております。
  
 ★ kuroyoga
    @gmail.com ★ 
 

日々の出来事

テーマ

コメントありがとうございます

ブログ内検索

年月別

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

いらっしゃいませ

ヨガ情報サイト

ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation