topimage

2017-06

奮発 - 2013.12.05 Thu

-29.Oct.2013-





帰りのMETROもほぼ貸切状態。

早くて便利やのにねぇ。



この車両はちゃんと表示が生きてるわ。








New Delhi市内へ向かう車は少々渋滞中。

環境の為にも電車に乗ったらいいのに。




空港に到着し、チェックインして出国審査を通って手荷物検査場へ。
毎回何かしら引っかかって荷物を出さされるんだが、今回は一発OK。
渡印8回目にしてやっとやわー。


で、待ちに待ったビールタイム。





いつも行くCAFEにしようと思ったが
SPORTS BARで生ビールでも飲んじゃう?
ってなわけで、こちらへ来てみた。

カウンター席に座り、メニューを見る。
あるねー、DRAFT BEER♡

ワクワクしながら店員にDRAFTを頼むと
 「ない。」

なんでないねんっっ。





仕方がない。じゃ、King Fisherは?
 「ない。」

地元のビールやのになんでないねんっっっ。





ほんなら何があるのん?
「バドワイザーとかハイネケンとか・・・。」

IMPORT物だけってことかい。




なんじゃこの使えん店。。。





結局いつものCAFEへ。


ここで冷えたビールにありつくには
ずらーっと並んでるこのショーケースの物ではなく

(ここのはほとんど冷えてない)



カウンター内にある冷蔵庫に入ってるものを頼むこと。

帽子かぶった店員の後ろにあるヤツ。





そしてご対面。

大変ごぶさたしておりましたー



久々のビールを堪能した後、いつも寄るお店に。





そしてここでも見つけてしまったのよ
例のカプセルの旧バージョンを。


で、こんなことに。




在庫一掃。




さすがにバックパックに入りきらず
普段使ってた斜め掛けバックを取り出し、手荷物を増やすことに。
私にとっては珍しい大量買い。


なのに、あの結果 ですよ。 




そんなこんなのインドでした。
今回も平和やったわ~。





おねだり - 2013.12.03 Tue

-29.Oct.2013-





最後のカレーも満足したし、空港へ向かいますか。
といってもまだ空港に入るには時間が早い。
METRO駅の中にあったCAFEでちょっとCOFFEE TIME。




サイズがRegular、Grande、Kingの3種類あったので
あんまりたくさんいらんからLATTEのRegularを頼んだら
GrandeとKingしかないという。
メニューに書いてるんやからカップくらい用意しとけー


仕方ないのでGrandeに。
するとこの大きさだった。

日本ならShortですわ。ま、結果オーライってことで。
で、砂糖が2つもついてきた。
どんだけ甘いの好きやねん、インドの方々。





COFFEE飲みつつまったりしてると天井に目が行った。



なんじゃあれ。





近寄って見る。




不気味すぎ。





うわー

夢に出てきそう。





飲み終えて電車に乗る前にトイレへ。
すると掃除のおばちゃんが洗面台の上にどっかり座って休憩中。

そのまま素通りしてトイレに入るとペーパーが入ってない。
仕事せーよ、おばちゃん。


トイレを出て電車に乗ろうと思ったが
おもろいから写真撮ってやろうと引き返し
写真撮っていい?と声を掛けたら洗面台から降りようとしたので
いいの、そのまま座っててと言い撮影。

さすがに片足は下ろした。 笑





見せてと言うので見せてあげると
えらい喜んで、めっちゃ顔をすりすりされる。



その後に満面の笑みで彼女が片手を出して一言、





 バクシーシ♡  ※チップちょーだい的な意味



あほか、仕事もろくにせんヤツに払えるかい。
もちろん払わずさっさと退散。






さ、空港へ。
待ってろー、ビール♪



謝らない - 2013.12.02 Mon

-29.Oct.2013-





朝起きて、そろそろお湯出たりするかなぁー
なんて淡い期待を持ちつつレバーをひねってみる。











うふ。やっぱ出ないね。



あぁーめんどくさいなぁと思いつつレセプションに電話。
すると返ってきた言葉が
「タブを左にひねるとお湯が出ます。」


・・・・・・・・、


んなもん、言われんでもわかっとるわっ



タブを左にひねってるし、10分くらい出しっぱなしにしても
一向にお湯が出る気配ないんですけども。


じゃあ、一人スタッフをそっちへよこすから待て、と。
ほどなく若いお兄ちゃんがやって来た。



洗面台の蛇口をひねり水の温度の確認をする。
たくさん宿泊者がいて一度にお湯を使うと出にくいんだ
みたいなことを説明するお兄ちゃん。
そないに一気にみんな使わんでしょー



その後も水を出しっぱなしにして温度を確認しつつ
お兄ちゃんが私の機嫌を取るべく話しかけてくる。

「どこから来たの?」 日本ですけど。
「僕、日本製品いっぱい持ってるんだ。」 へー、そうなん。
「日本製品は優れてるよね。」 そうね、"ちゃんとしてる"からね。




そうこうしているうちに、水からぬるま湯になってきた。
お兄ちゃんが誇らしげに「ほら!」と言う。
はいはい、ありがとう。もうキミは帰ってくれていいよ。

絶対になんぞスイッチを入れてなかったと思うんよねー。
ま、お湯が出たからいいけどさ。



インドって謝ることってないのよね。
でも気にしない。いちいち気にしてたら身がもたん。






シャワーを浴び、さっぱりしてから朝食タイム。
テラス席から外を眺める。




今日も最高に空気悪いねー。  笑
やっぱりチェックアウトまで部屋に引きこもり決定。

今回は後に客が入っているためか14時までしか延ばせなかった。
だったらランチはチェックアウト後にしよう!




ってなわけでチェックアウト後、ちょっと遅めのランチに
お気に入りの店にやってきた。





2階のA/C席からの眺め。

Rs.5余分にかかるけど、外の埃っぽい空気が遮断されててよい。



いつものパラクパニールにしようかと思ったが
あえて違うのにしてみた。それもそれで旨いわー。



そして食後に出される、お口直しのこれ。

以前は苦手だったが、今やありがたい存在。
慣れってすごいね。



値段 - 2013.12.01 Sun

-28.Oct.2013-





ホテルをチェックアウトし、
いつものチャイ屋で1杯飲んでオヤジにも挨拶。
来年も覚えててくれるといいけど。



さ、ここからリクシャ交渉。



スタンド内で「リクシャ?」と客引きがたくさん寄って来ても
全てスルーして通りまで出る。

すると今年の春ツアーの時に乗ったドライバーがいた。
向こうはこちらを覚えていないらしい。
って、当たり前か。 笑



値段を聞くとRs.50とか言いやがる。
なんでやねん、Rs.40やろー、と反論すると
「観光者はRs.50だ。」と。




でましたよ、

THE 観光者価格




あほか、んなもん払えるか。
今までRs.40で乗って来たんじゃー
しかも今年の春は、アンタのリクシャにRs.40で乗ったんじゃー



で、結局Rs.40であっさり交渉成立。
なら最初からそうしろ。もぉ、いちいちめんどくさい。



あ、ちなみにRamjhula~LaxmanjhulaやRamjhula~MarketはRs.5
Laxmanjhula~MarketはRs.7で行ける。
でも「いくら?」って乗る前に聞くとRs.10と言われるので
あえて聞かずにRs.5だけ払って降りるのが賢明かと。





そしてこんなオヤジに囲まれ・・・ 笑
fc2_2013-10-28_15-25-46-727.jpg

fc2_2013-10-28_15-26-06-083.jpg
途中、踏切渋滞にはまって1時間半ほどでHaridwarに到着。


列車も遅れることなく到着。
うん、順調順調。




列車に乗ってしばらくすると切符チェックが回って来た。
切符を見せるとその職員が、追加料金Rs.35払えと言う。

へ?なんで??


台帳を見ると私だけでなく、他の乗客もそれぞれ追加料金が書かれてある。
通路を挟んだ隣の人も払っていた。
なぜその追加料金が必要なのかいまだに不明。値上がりしたのか?





車内でおいしくカレーを頂き、ほぼ定刻通りにNew Delhiに到着。

うっとおしい客引きに捕まりたくないので
眉間にぐっとシワを寄せ、険しい顔でスタスタ歩く。




そして無事にホテル到着~




今回、高めの部屋にしたんだが、
トイレとシャワーの間に仕切りのガラス扉が。




ちょっと豪華ちっく。






さ、シャワーでも浴びるか!
















待てども待てどもお湯が出ん。




ま、いっか。
明日になったら出るかも。



Kayoさんにもらったクッキーつまんで寝よ。



Kayoさんありがとー。



お世話になりました - 2013.11.28 Thu

-28.Oct.2013-





朝、Rishikeshiでのラストレッスン。

人数は多すぎず少なすぎずで、まずまずだったんだが
先生のお話が途中で長引いてあまり動けず、
しかも室温低くて床も冷たいから、最後のシャバアサナは
上着着てたものの、かなり身体が冷えてしまった。
12月、1月はどんだけ寒いんやろう。


レッスン後、先生がターバン巻く前の様子を盗撮(笑)

先生、今年もありがとうございました。
たくさん与えて頂いたアドバンスポーズ、時々練習します。




レッスン後、ホテルに戻りレイトチェックアウトの交渉。

通常はお昼の12時チェックアウトなんだが
私がRishikesh出るのは15時あたり。
できればギリギリまで部屋を使えるようにしたい。
ま、ダメなら荷物だけでも預かってもらえばいいや。
で、とりあえず聞いてみた。

できるならレイトチェックアウトしたいんですけど・・・
「いいわよ、何時?」
そうねー、14時半くらいかなー
「全然問題ないわ、どうぞ。」

あっさり交渉成立~
助かります。






最後のランチ、一応挨拶がてらGaneshaへ。
相変わらずやたらとボディータッチの多いPrakash。 笑
気が向いたらまた来年くるわ~




そしてランチの後、
翌日Delhiで飲むためのコーヒーを調達しにいつもの店へ。
ホテルの部屋にも小さい袋に入ったインスタントコーヒーが2袋あるものの
粉の量が少なすぎるのか恐ろしく薄い。

たくさんは要らないので、1袋Rs.2の物を2袋だけ買うことに。
お会計したいのにおじさん長電話中。

あいにく小銭がなくRs.10渡したら、
「釣りがないからお金は明日でいい。」と言う。

えー、でもこの後Delhiに行くから持って来れないよー
「じゃ、いいよ持ってって。」


というワケでおじさんタダでくれました。

Rs.2の釣りをケチるおっさんもいれば (それについては→ コチラ
こうしてRs.4の物をくれるおじさんもいる。





やっと電話が終わったのでおじさん撮っておこう。

また来まーす。







さ、あとはチェックアウトして、
いつものオヤジの所でチャイ飲んで
リクシャつかまえないと。



ホテルのお姉さん。

もう1人オヤジもいたけど恥ずかしがって撮らせてもらえず。



ハウスキーピングのオヤジ

そないに緊張せんでも。 笑
いつもの笑顔でいいのに。



で、帰る前にお姉さんがこれをくれた。

ガネーシャ。



やっぱり今回、ガネーシャづいてるわ。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Conditioning Yoga & 操体

くろ

Author:くろ
三鷹 ヨガ教室 操体施術


 人は皆それぞれに、
 「息・食・動・想・環境」が
 存在します。
 
 周りに捉われず、拘らず、
 自分自身に"伺う"ことを
 心掛けるのが大切です。
 
 方程式をはめ込んだり、
 他人と比べず気楽に素直に
 自分観察しましょう。
 
 肩肘張らず、
 日々「笑うてなんぼ」。


◆ヨガクラスについて◆
 
 こちらでは、沖ヨガをベースに
 レッスンを行なっております。
 いわゆる「ヨガのポーズ」
 だけに限らず、身体を解す動き、
 強化、修正が主です。

 ■レッスン日時

  月 11:00
  火 11:00/19:00
  水 11:00
  木 11:00/19:00
  土 11:00/14:00/16:00

 ※祝日など、変更の場合あり  

 ■レッスン料

  ・月謝(月4回) 8000円 
    ※振替可 

  ・1回参加(体験)3000円

 ※見学は承っておりません


◆操体施術について◆

 操体は施術者が手技をもって、
 "治す"ものではありません。
 
 身体が快い状態に戻ろうとする
 流れや、蠢き(うごめき)に従い、
 その動きを全身に促します。
  
 施術で改善するのは約6~7割。
 施術後は身体が自然とバランスを
 とってきて、全体がまとまり
 落ち着いてきます。


 ■料金

  ・ 初見料 1000円 ※初回のみ
  ・ 施術料 4000円

  ※前日までにご予約ください  

 
 
 
 ヨガクラスの参加、操体施術予約
 その他ご質問などはメールにて
 承っております。
  
 ★ kuroyoga
    @gmail.com ★ 
 

日々の出来事

テーマ

コメントありがとうございます

ブログ内検索

年月別

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

いらっしゃいませ

ヨガ情報サイト

ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation