topimage

2017-05

帰国 - 2012.11.17 Sat

-29.oct.2012-





ホテルに戻りTVをつけたらドラえもん放送中。



もちろんヒンディー語。


その後はクレヨンしんちゃん。



この日は見れなかったがポケモンやハットリくんもやってるそう。
すごいね、日本のアニメ。





午後4時前。
そろそろ空港に向かっておきますか。

チェックアウトの際にフロントにタクシーを頼む。
空港までいくらなのか聞くと500Rsという。

デリー在住の人に聞いたら350Rsと言っていたんだが
ま、ここはフロントの言うことを聞いてみよう。




待つことしばし、ドライバーがやってきた。
なんだか普通の若い兄ちゃん。

車に向かおうとしたらフロントマンが
代金はここで(フロントに)払ってと言う。



そうか、フロントからいくらかこの兄ちゃんに渡すのか。
いわゆる"白タク"ってやつやね、たぶん。

これも勉強、とりあえず空港にちゃんと着けばよい。





ホテルを出てすぐに駅前の渋滞にハマる。
そこで兄ちゃんとの会話が始まった。

リシケシの話などで若干話が弾みだした頃、車が渋滞を抜けた。
少しして兄ちゃんが、
「インドのハンディークラフトに興味はないかい?」と聞いてきた。



出た。オマエもか。



テキトーにごまかして話をそらす。



今度は「飛行機は何時?」と聞いてきたので20時と答えると
「ずいぶん時間があるじゃないか。ハンディークラフトに寄らないか?」



興味ない

行かない


まっすぐ空港に行け




兄ちゃん苦笑い。
「どうかなと思って聞いてみただけだよ^^;」


まったくもぉ、勘弁してくれ。



夕日を見て気分を変える。




空港に着き、降りる前に兄ちゃんをブログに載せてやろうと写真を撮る。



土産屋に連れて行こうとしたのはコイツだ。
とりあえず、運転ありがとう。




さてー、おまちかねのBEER♪



肝臓に染みまする。



そして土産物売店で見つけた。



これ何語?



とりあえずバドワイザーね。
買って飲んでみた。




まずい。。。



そういえば買う前に製造日見てなかったな。
どれどれ。



あら、製造日から8か月くらい過ぎちゃってる。
輸入されたのは6か月前。その間どういう保管がされていたのやら。
まずいはずやね。


その後、お腹が痛くなることもなく、 (←腹強すぎ?)
飛行機内でちゃんとしたビールを頂いた。


この日は乗客がものすごく少なく、乗客全員が3列シート独占。
快適に帰国しましたとさ。






トラブル少なくて読んでる方は期待外れだったかと。 笑

来年また頑張ります。 ←何を。




-おしまい-



やっぱり疲れる - 2012.11.17 Sat

-29.oct.2012-





朝起きてTVをつけてみるもやはり砂嵐。


ふと配線を見ると、そりゃつかんわな。
付属の機械の方にささってるやん。


前にこの部屋に泊まった人はTV見なかったのか。





午前9時前、ちょっと出かけますか。
まずはメインバザールへ。



しかしさぁ・・・・・





あいかわらず道汚いよね。





特別そそる店もなく、そのままコンノートプレースへ。


朝食がてらCAFE COFFEE DAYSへ。





カフェラテを頼んだらトッピングのオプションをばばっと言われ
とりあえずつけてもらったら、こんなに生クリームが・・・



これだけでも甘いのに砂糖2個もつけてくれるってどうよ。





コンノートプレースを歩いていると
「何探してるの?ここはAブロックだよ。」と
聞いてもいないのに勝手に話しかけてくるヤツが多い。

何ブロックなのかなんて、書いてるからわかるっちゅーねん。
どうもヤツらは単なる親切心で言ってきているように思えない。



あぁぁ、うっとーしー。




やっぱ戻ろ。





パハールガンジに戻ると、もうお昼前。
朝より道の込み具合がハンパない。



リクシャ多すぎ。




昨年いった食堂でランチをしようかと行ってみると
ちょっと時間が早かったらしく、まだ準備中っぽい。


じゃ、昨年行こうと思って行けなかった店へ。




メニュー






店内の照明は暗め。



そして客は私1人~。




RESTAURANT & BARなのでビールも置いてあったがここではパス。
パラクパニールを頼んだらこの日はないとのこと。

仕方ないのでバニールバターマサラに。




ご飯にかけて、



いただきまーす。


お味はまぁまぁ。



お会計したら、税金がっつりかかるのね。
さすがBARですわ。


ま、ゆっくり静かにご飯食べたかったのでよしとしよ。



おなかいっぱい - 2012.11.15 Thu

-28.oct.2012-





帰りの列車は行きと違い、普通の席。





そしてまずはチャイセット。



これから晩御飯やのにサンドイッチまである。




スープ。



パンは2種類あって私はグリッシーニっぽいヤツをチョイス。
2種類取るのも可能。おかわりも可能。



ベジカレー2種。






デザートのアイス。バタースカッチ味。



いつものバニラの方がおいしいなぁ。。。



この他、ジュースやフルーツも持ってくるけど
もうこんだけで十分なので断った。






夜11時、ニューデリー駅に到着。

変な客引きに声かけられることなくスムーズにホテル到着。






今回は冷蔵庫なし。





バスルームが前回より若干広めかな。





ちょっとTVでも見ようかとつけてみると砂嵐。
局を変えても全部砂嵐。


ま、いいか。寝ろってことね。
明日になったらつくかもしれんし、寝ましょ。



コミュニケーション - 2012.11.15 Thu

-28.oct.2012-





ハリドワールに行くリクシャを待っていると
いつものチャイ屋の夫婦が「チャイ飲んでいけ」と手招き。



じゃ、最後の一杯。



飲み終えて、10Rsを渡してお釣りもらっても
そのままあげようかなと思っていた。
が、この奥さん、


釣り銭よこさず。 

ま、いいや。また来年ねー。






再びリクシャを待っていると、
ハリドワール行きの客待ちしているドライバーに声を掛けられた。

人数集まるまでしばし車内で待ち、席が埋まったところで出発。




途中、こんな看板が。



そういや野生の象がいるとか言ってたな。
残念ながら象には遭遇せず。





ハリドワール近くになったところで数名下車。
そこからこのおじいちゃんたちとの会話が始まる。




右側のじいちゃんが、しきりに
「Bharnagarに行くといいよ。たくさん寺があっていいところなんだ。」
と言い、揺れる車内で一生懸命メモを書いて渡してくれた。




時折じいちゃんたちの英語が聞き取れなかったり
じいちゃんたちが英語で説明できないことを
途中から乗ってきた彼らが通訳してくれた。




そうこうしているうちにハリドワールに到着。

事前に料金を聞いていなかったが、乗合ならだいたい35Rsくらいのはず。
それに途中でじいちゃんたちがドライバーにいくらなのからしきことを聞いていて
その際に「チャーリス(40)」というのを聞き逃さなかった。


とりあえず30Rsだけ渡して反応を見る。
案の定「足りない」と言われたのでいくらか聞くと

「50Rs」 とのたまう。



うそつけ、さっき40とか何とか言ってたやろ!


で、じいちゃんたちに「いくらって?」と聞くと
「40だよ」と教えてくれた。ありがと。

10Rsだけ追加で渡して、じいちゃん達に別れを告げる。




列車の時間まで余裕があったので、
次回のためにバススタンドの場所を確認。




「リシケシ!リシケシ!」と係員が呼び込みしていたので
どのバスなのか、迷うことはなさそうやね。






さ、じゃあチャイでも。





飲み終えて立ち去ろうとしたら
「まぁ、タバコでも吸ってけ」とタバコを勧められる。

そんなチャイ屋のおじい。



お気遣いありがとう。でも私はタバコはいらぬー。



チェックアウト - 2012.11.15 Thu

-28.oct.2012-





あっというまに過ぎてしまった、約3週間。
午後にはデリーへ発たないといけない。


あまり食べる機会のなかった朝食を写真に収める。



今回このプーリーに当たる確率が高かった。




残りのチャイを持って屋上へ。




少しすると20歳のShuheiくんもやってきた。



バラナシで強くなって帰国したかなぁ。




日曜は休みでいつもはいないVickyが
仲のよいレクチャーの先生と約束があってか、この日はいた。


その時に彼が履いていたスニーカーに思わず注目。



見よ、このアレンジ。 笑



名付けるとすれば・・・、「ニャイキ」?



「ちゃんとナイキシューズも持ってるよ」とVicky。
ブランドは何だろうが、履きやすければええやん♪





ランチ前にリクシャスタンドのチャイ屋へ最後の顔出しに。
チャイを飲みつつガンガを眺める。



ふと見ると、インド人らしき人々がヨガ(らしきこと)をやっている。











アシュラムに戻ると、やっぱりタジビールに呼び止められる。
「ブラックティー」と彼が称する、ハニージンジャーティーをご馳走に。



さっきチャイ飲んできたばっかやねんけど、ありがたく頂く。




そして朝食を撮ったので昼食も。



ホント、アシュラムのご飯が一番好きやわ。




昼食後、仲良くしてくれたHiro&Saya夫妻の部屋のバルコニーで歓談。
そこへShuheiくんもやってきて、3人から「お世話になったので」と頂いた物、



エイジレスクリーム。 笑



そうやね、皆よりかなり年上やしね。
がんばりまーす! ありがとうございますm(__)m




午後3時、「また来年ね」と告げてチェックアウト。





今年もありがとうございました。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Conditioning Yoga & 操体

くろ

Author:くろ
三鷹 ヨガ教室 操体施術


 人は皆それぞれに、
 「息・食・動・想・環境」が
 存在します。
 
 周りに捉われず、拘らず、
 自分自身に"伺う"ことを
 心掛けるのが大切です。
 
 方程式をはめ込んだり、
 他人と比べず気楽に素直に
 自分観察しましょう。
 
 肩肘張らず、
 日々「笑うてなんぼ」。


◆ヨガクラスについて◆
 
 こちらでは、沖ヨガをベースに
 レッスンを行なっております。
 いわゆる「ヨガのポーズ」
 だけに限らず、身体を解す動き、
 強化、修正が主です。

 ■レッスン日時

  月 11:00
  火 11:00/19:00
  水 11:00
  木 11:00/19:00
  土 11:00/14:00/16:00

 ※祝日など、変更の場合あり  

 ■レッスン料

  ・月謝(月4回) 8000円 
    ※振替可 

  ・1回参加(体験)3000円

 ※見学は承っておりません


◆操体施術について◆

 操体は施術者が手技をもって、
 "治す"ものではありません。
 
 身体が快い状態に戻ろうとする
 流れや、蠢き(うごめき)に従い、
 その動きを全身に促します。
  
 施術で改善するのは約6~7割。
 施術後は身体が自然とバランスを
 とってきて、全体がまとまり
 落ち着いてきます。


 ■料金

  ・ 初見料 1000円 ※初回のみ
  ・ 施術料 4000円

  ※前日までにご予約ください  

 
 
 
 ヨガクラスの参加、操体施術予約
 その他ご質問などはメールにて
 承っております。
  
 ★ kuroyoga
    @gmail.com ★ 
 

日々の出来事

テーマ

コメントありがとうございます

ブログ内検索

年月別

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

いらっしゃいませ

ヨガ情報サイト

ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation