topimage

2017-08

インド渡航記 11/1(日) 最終章 - 2009.12.05 Sat

さて、お次はアグラ城
タージマハルから車で数分行ったところにある


こちらは入口の門
120.jpg
あ、ちなみにGさんは看板らしきものの右隣あたりにいますよー


さ、入りましょか
121.jpg


中に入ると敷地面積が恐ろしく広く
城もアホほどある

「この城は○○王様の部屋として使われ、これは息子、奥さん・・・」
いろんないきさつも説明されたが覚えきれん
122.jpg


そんな説明中のGさん 
123.jpg
こんなとき以外はしゃべらない



城壁
124.jpg
なんか気にいってパチリ


真ん中に人が2人立ってるところは
誰ぞが風呂として使ってたらしい
125.jpg


リスが山盛りいた
126.jpg
でもココには2匹しか映ってない f-_-;





アグラ城を出て、あとは途中でお昼を食べて空港に向かうのみ
2時間くらい走ったところのドライブインで昼食タイムとのこと




・・・ところが、

10分くらい走って車は停車




ガソリンでもいれるのか?



いやいや


必ず寄られる 土産屋やんか・・・  -_-メ


リシケシでたっぷりお土産を買い
とてもリーズナブルなお値段が染みついているだけに
こういったお店では買う気がしない

というか、しつこいセールストークにうんざりするのだ


「見るだけでいいから」


うーそーつーけー


もちろん何にも買わずに店を出る
店員には 「ちっ!」 と思われてるかもしれないが

買わないものは買わない



気を取り直し、また道を進む


途中、車が中央分離帯の開口部に寄る

ん?
道を間違えたのか?
それとも折り返したところにドライブインがあるのか?


いえいえ


我々の車は
反対車線に入ったと思ったら
車の流れに逆らうように走り出した



そう


逆走
127.jpg
クラクション鳴らしながら 路肩をゆく~
鳴らすのは相手の方やっちゅーねん


ほどなくドライブインに到着
やっと昼食にありつける


テーブルにつき、メニューを見ながら注文を何にするか相談


その間、Gさんは横でボーっと立ってる

「決まりましたか? 何にしますか?」
そんな言葉がけもない

私がウェイターにいろいろ質問しつつ注文する

Gさんは自分の注文をして、私の席を一つ空けた席に座る
この間の会話はほとんどない

ま、放っておけばいいので、ある意味気を遣わなくて楽チンだ

ここのカレーは良くもなく悪くもなく
なんとも中途半端なカンジだった



空港へ向かう途中のリキシャをパチリ

てんこ盛り人が乗ってる
128.jpg

こちらも
129.jpg

たぶん定員は 

乗れるだけ 



日が傾いてきたころ
130.jpg


飛行機出発ちょうど3時間前
空港に入れる時間に到着

やるねードライバーさん!
Gさんよりよっぽど気がきいていてイイ人だった


荷物を下ろし、入口へ向かう

Gさんが
「では、お客様はあちらへ進んでください」

入口前でエアチケットを見せ、あとは空港内に入るだけ

Gさんからは 「さよなら」とか「気をつけて」「またお待ちしてます」
そんな言葉は一切出てこなかった

ま、あいさつはどちらからという決まりもないし
お世話になったのは事実なので、私から
「ありがとうございました」と一礼して中へ入った


最後の最後までネタを提供してくれるGさんであった




その後、飛行機に乗り込み
ドリンクサービスがきた時点でビールを頼んだのは言うまでもない




大したトラブル、ケガ、病気もなく過ごせたこと、帰国できたこと
インド滞在中、いろいろ支えてくださった方々、
留守中の代行を引き受けてくださったイントラの方々、
「いってらっしゃい!!」 と快く言ってくださった会員の方々、
いろんな方々のおかげです


ありがとうございました




感謝 合掌

くろ


インド渡航記 11/1(日)② - 2009.12.04 Fri

さあ、ここをくぐれば・・・
110.jpg



どどーん

111.jpg
世界遺産 タージマハル





もう少し寄ってみて・・・




どどどーん
112.jpg
大理石が美しい




建物に入るにはシューズカバーを着用
114.jpg
もしくは裸足で入ることになっている

結局裸足で入った




すべて手作り  いい仕事してます
113.jpg


万が一、地震とかで倒れるようなことがあったら
建物の後ろ側に流れるこの川の方へ倒れるように設計されているとか
115.jpg


ゲストハウスですってよー
116.jpg
落ち着いて寝られへんのちゃう?



余韻に浸りつつ、次はアグラ城へ向かう



117.jpg
だからGさん、早いってばよ


インド渡航記 11/1(日)① - 2009.12.02 Wed

午前5:45
ホテルのロビーにガイドさんが来ることになっていたので
身支度を済ませ部屋をあとにした


狭いロビーには何人かインド人がおり
どの人がガイドさんなのかわからないので
とりあえず荷物を下ろした

荷物を下ろしてまもなく
ロビーにいた1人の男性が声を掛けてきた
ガイドさんだ

ちょっと声かけるタイミング遅くない?
ロビーに降りてきた時点でわかると思うんやけど
しかもこっちは日本人3人やし

ま、いっか

気を取り直し、名前を伺う
「Gyanendra」(ギャネンドラ)さん ※以下「G」さんとします
話し方、雰囲気がなんか頼りなさげやなぁ
んー、なにやら予感がする・・・
とりあえずよろしくどうぞ


ホテルを出て徒歩5分ほどのデリー駅へ向かう

どんどん先へ進むGさん
列車の時間は6:10 そないに急がんでもいけるでしょ
我々を振り向くこともほぼなく進む
駅構内の人ゴミの中も我々にお構いなしのGさん

ホームに着き、Oiちゃんがたまりかねて一言
「歩くの早いです! 足を少しケガしているのでゆっくり歩いてください」
それを聞きGさん、苦笑いしつつ「すいません・・・」

Gさんはあまり自分から話しかけてくることがなく
列車を待っている間、こちらが気を遣って話しかける
まだガイドの仕事になれていないのか、人見知りなのか?


そんなこんなでとりあえず無事にアグラ行きの列車に乗り込む

デリー辺りはだいたい空がガスっているので太陽がしっかり見える
101.jpg

おまちかねのティータイム
102.jpg


そして朝食 ハリドワール行きと同じメニュー
103.jpg


サーブしてくれる乗務員
104.jpg
さすがアグラ行き 制服がインドっぽい?


さあ、アグラカント駅にとうちゃく~
105.jpg
迎えに来た車でさっそくタージマハルへ

車を降り、建物までは公園を通り抜けるらしく
リキシャや馬車の客引きが「乗って行け」とやかましい

Gさんが「乗りますか?」と聞いてくる
大した距離じゃないし、歩きますがな

歩きだしたら、やっぱり1人でさっさと行ってしまうGさん
女性2人の前にGさんがいます
さてどの人でしょう?
106.jpg
答え: 中央あたりの黄色っぽいシャツの人です

・・・もう少し客を気にしろ



入口に到着
男女それぞれボディーチェックを受けます
107.jpg


さあ!世界遺産とのご対面までもうすぐ!!



つづく


インド渡航記 10/31(土)② - 2009.11.27 Fri

午後2時前

ニケタンの敷地内にリキシャ到着


リキシャへ向かうと
シャンティーが近くに座ってた
30.jpg
彼は気分屋さんだけど、とても優しい人
きっと見送りのために座ってたんやね、ありがとう

本当にニケタンはみんなイイ人ばかり
だから安心して滞在できるんやなー




ニケタンに別れを告げ
リキシャは一路ハリドワールへ


・・・と思ったら
ニケタンの出口のところで
おっさんが助手席に乗り込む


おいおい

貸切のはずなんですけどー


愛想良く話しかけてくるおっさん
英語が話せないらしく
ドライバーが通訳する


マーケットに差し掛かったところで
そのおっさんは降りていった
でも、金を支払った様子はない
事前交渉の350ルピーに
このおっさんの料金も入っていたんだろうか


ま、どうでもいい
なにせリキシャ料金は

今までで一番安いですから

(参考: 去年600ルピー、今年の往路370ルピー)


おっさんが降りてから少しして
並走するリキシャのドライバーと
ウチのドライバーが何やら話している

どうも交渉してるっぽい  やな予感・・・ 
そのうちリキシャを停め、ドライバー同士がコソコソ話

予感的中!
また乗り換えを促される


私      「350しか払わないよ!」
ドライバー 「わかってるよ 彼に払ってくれればいいから
        問題ないよ 心配するな」


(乗換すること事態、意味わからないんですけど・・・-_-;)


その後、順調に進む

揺れが心地よくてみんなウトウト・・・
乗合だったらこうはいかないね
改めて、パルモドさんありがとう


午後3時すぎ、無事にハリドワール駅前に到着
よかったよかった^-^


ここから電車が来るまでの3時間
駅のそばで本を読んだりしながら時間をつぶす

この間、何人のインド人にガン見されただろうか
そのうちの1人はゴロ寝しながら、ずーーっと見てたな
どういう興味を持っているんだろう
いつか聞いてみたいもんだ


そしてやっと電車の時間  
無事に乗り込み
お楽しみのご飯タイム~♪


写真がかなりブレてるけど・・・・
まずはお茶より
31.jpg
朝はビスケットだったが、夜はスナック菓子(私はピーナッツだった)に
サモサまでついてきた
んー、おいしい♡


前菜? パンとスープ
32.jpg

おまちかねのカレー
33.jpg
カレー2種 (パニールカレーと豆カレー)、ご飯、ロティー
カレーはやっぱりウマイ!

デザートのアイスクリーム
34.jpg


ごちそうさまでした♪




午後11時すぎ
予定より若干遅めに列車がデリーに到着

足早にホテルへ向かう

途中、ホテルの客引きがしつこく
ホテルの目の前までついてきた
我々が中に入っていこうとすると

「そこ高いよ~ ウチならもっと安いよ~」

余計なお世話である


さてチェックイン
初日に泊まったコンパートメントの部屋が
空いておらず、2部屋に分かれるカタチに


部屋にはベッド代わりになるソファーもあり
3人でも十分泊まれる

「最後の夜だし、みんなで一緒に寝ようよー
 アタシがソファーで寝るから」
と、Oiちゃんの心配りで1部屋だけ使うことに




翌朝も早いので、話もそこそこに眠りについた
明日はまた列車に乗り、世界遺産タージマハルへ・・・











インド渡航記 10/31(土)① - 2009.11.26 Thu

リシケシをいよいよ去る日


早かったなぁ・・・
今までで一番滞在が長いハズなのに
一番短く感じた



土曜の朝といえば クリヤヨガ の日


でも今日は日本人ツアー客24名が来ていて
図書館の上でその人たち向けにレッスンをするのに
先生が1人とられたためか、通常レッスンだった
個人的にはラッキー♪ だって最後は動きたいもんねー


さて、
昨夜、晩御飯の時に受付のスタッフ パルモドさんに
『明日、チェックアウトは何時にするの?』 と聞かれ

「ハリドワール18:13発の電車に乗るので
 できることなら15時くらいにチェックアウトしたい」
そうを伝えた

するとパルモドさん苦笑い・・・
『明日には日本人がまた8人来るし、部屋が足りなくなるかも・・・』

大体は朝ごはん後か、昼ごはん後に皆チェックアウトする
そりゃそうよねー  ホテルだって10時とか11時チェックアウトだし

「じゃー、昼ごはん食べて13時に出るよ」
そしたらパルモドさんが

『そんな早く出て、電車の時間まで5時間もあるのにどうするの!?
 わかった、明日の朝10時に何時までいてもOKか返事するよ 』

なんてイイ人なんでしょー♡♡


そんなやりとりがあったので10時にレセプションに行ってみた

私       「で、どうなりました?」

パルモドさん 『で、何時に出たい?』

私       「じゃー14時で♪ なんなら15時でも^3^」

パルモドさん 『No~!15時は勘弁してぇー』


ついでに、ハリドワールまでリキシャ捕まえて行くといったら
荷物あるし、他の人が乗ってきて物を盗まれたりしても困るから
リキシャを予約してあげるよ と電話をかけてくれた

そんな優しいパルモドさん
205_convert_20091126184211.jpg


修理をしてくれたガンビールとパルモドさん
206_convert_20091126184426.jpg


ニケタンの部屋
13.jpg
14.jpg

ほぼ毎日昇ったニケタンの階段
12.jpg



今年もありがとうございました

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Conditioning Yoga & 操体

くろ

Author:くろ
三鷹 ヨガ教室 操体施術


 人は皆それぞれに、
 「息・食・動・想・環境」が
 存在します。
 
 周りに捉われず、拘らず、
 自分自身に"伺う"ことを
 心掛けるのが大切です。
 
 方程式をはめ込んだり、
 他人と比べず気楽に素直に
 自分観察しましょう。
 
 肩肘張らず、
 日々「笑うてなんぼ」。


◆ヨガクラスについて◆
 
 こちらでは、沖ヨガをベースに
 レッスンを行なっております。
 いわゆる「ヨガのポーズ」
 だけに限らず、身体を解す動き、
 強化、修正が主です。

 ■レッスン日時

  月 11:00
  火 11:00/19:00
  水 11:00
  木 11:00/19:00
  土 11:00/14:00/16:00

 ※祝日など、変更の場合あり  

 ■レッスン料

  ・月謝(月4回) 8000円 
    ※振替可 

  ・1回参加(体験)3000円

 ※見学は承っておりません


◆操体施術について◆

 操体は施術者が手技をもって、
 "治す"ものではありません。
 
 身体が快い状態に戻ろうとする
 流れや、蠢き(うごめき)に従い、
 その動きを全身に促します。
  
 施術で改善するのは約6~7割。
 施術後は身体が自然とバランスを
 とってきて、全体がまとまり
 落ち着いてきます。


 ■料金

  ・ 初見料 1000円 ※初回のみ
  ・ 施術料 4000円

  ※前日までにご予約ください  

 
 
 
 ヨガクラスの参加、操体施術予約
 その他ご質問などはメールにて
 承っております。
  
 ★ kuroyoga
    @gmail.com ★ 
 

日々の出来事

テーマ

コメントありがとうございます

ブログ内検索

年月別

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

いらっしゃいませ

ヨガ情報サイト

ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation